2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

ペット

2016年12月 4日 (日)

お転婆むぎ1歳

むぎが我が家にやってきて、早一年。
たよりなげな子猫だったけど…。

0002

ビフォー

0006

アフター

0005

こんな事や

Img_0326_2 0003

あんな事。

Img_0769_2

Img_0941

いや、それはまずいでしょ coldsweats01

Img_0612

開いてる扉に突然ジャンプして、真新しいレンジをおしゃかにした事もあったっけ shock

そして、小さなボールを投げるとゴールキーパーみたいに返したり、くわえて持ってくる、体育会系女子。
もしかして、サッカー大好きだったダンディの血を受け継いだか think

Img_0029_2

お姉ちゃんが引っ越したので、仲良しだったポンタともお別れ。
でも、たまに里帰りする時はちゃんと挨拶。

Img_0944

お姉ちゃんが作ってくれたプレゼントheart02

0004

色々ありましたが、甘えんぼで可愛いから許しちゃう lovely

Img_0233

cat にゃんこは世界を救う ! ! …かもしれない cat

むぎはここからお嫁にきました。里親譲渡会やってます。

にゃん☆ピース 〜千葉保護猫の家族探し〜 

2016年2月23日 (火)

プリンセス・エリザベス・ムギ

むぎを譲渡して下さった、保護猫の里親探しをしているにゃん☆ピースとのお約束で、むぎに避妊手術をしました。
2週間はエリザベスカラーといって、傷口を舐めないようにパラボラアンテナみたいなものを装着。

0006

動物病院のいや〜な臭いをふりまきながら、ライオンみたいに迫ってくるむぎに、ポンタ氏びびりまくり。手術前は仲良く舐めあっていたのに、しゃーーーっsign01と威嚇して逃げるので、むぎはしょんぼり。

0005
ビフォー

うつむきながら歩くと、カーペットにカラーがつまづいて思ったように動きまわれないので、ちょっとうつな日々。それでも、しまいには慣れて子猫らしく飛び跳ねてました。

0003

「岩合光昭の世界ネコ歩き」 は見逃せない

0004

切干大根作りもお手伝いしてましたsign02

0002

2週間経ってカラーを外してびっくりsign01 又大きくなってるsign02
うちに来た時は、たったの650グラムだった体重が2.4キロ。4倍ですものね。あれから早4か月。ポンタみたいに巨大にならないといいのですがcoldsweats01

0001

栃木県那珂川町の美炎さん棚田コンサートで、デザインを担当して下さった廣田萌さんの静岡文化芸術大学デザイン学部有志卒業制作展が六本木で開催されます。
前に紹介した、里守人 も展示されています。おじさん達の笑顔に会いに行きませんか。

art STEN TOKYO 2016 art

2016年 3月10日(木)〜3月12日(土) 10:00〜16:00

会 場 六本木AXISビル4F AXISギャラリー
     (六本木駅3番出口徒歩8分)

住 所 東京都港区六本木5-17 AXISビル

入場無料

詳しくはコチラ

2015年12月24日 (木)

今年もお世話になりました

常連さんのメジロくんに催促されて、今年も冬季限定野鳥レストランを開店しました。

0005

秋に家の外壁工事をした時に、邪魔になるからと木の枝が半分坊主のミゼラブルな格好になってしまい、野鳥がやってくるかと心配していましたが、いつも通り来てくれてひと安心。

0004
ジョウビタキ (女の子)

0009
シジュウカラ

好奇心マックスのむぎがバードウオッチングに目覚めても、あんまり気にしていない様子。

0002

大きなヒヨドリやムクドリは意外と警戒心が強いらしく、木の変わりように驚いたのか、やって来ないのでちょっと嬉しいcoldsweats01
大きな鳥といえば、10月に近くの森に住むオオタカ の姿をフォーカスする事に成功しました。左の茶色い個体が幼鳥です。

0019

明治神宮の森が、植生の変化と共に野鳥の種類が変化していると前に聞いた事がありますが、ここの森も昔は松などの針葉樹が多かったのですが、今は落葉広葉樹が目立つようになってきました。昔からカラスのねぐらで、夕方になると沢山のカラスが集まってきます。
春には良くキイキイという高い声が聞こえていたのですが、写真に撮るのは無理だろうと思っていました。こんな住宅街の近くで営巣しているのが分かって、本当に嬉しかったです。

0022

家の中では、野生感ゼロのむぎとポンタ、見つめ合ったり舐めあったり。heart02
仲良くしてるかと思えば、あんまりしつこくするのでポンタが怒って、むぎちゃんコロン。
気持ち良く寝ているのに、突然タックル攻撃。お蔭で、ポンタ氏体重100グラム減りました。catface

0023

でもやっぱり、むぎちゃんはポンタが大好きです。

0024

0003

0007

2匹を見ていると脱力してしまいます。

今年一年お忙しいなか、気まぐれで拙い私のブログを読んで下さった皆様、本当に有難うございました。happy01
Happy holidayssign03 良いお年を fuji

2015年11月18日 (水)

仲良しになる方法

ムギがきてそろそろ一か月。
先住猫のポンタと仲良くなれるか心配でしたが、今では親子みたいに仲良しになりました。
怖いもの知らずのムギちゃんに、猫社会の付き合い方を教えたのはポンタ cat

0012

最初のうちは威嚇してたポンタでしたが、ある日突然、自分からお腹を見せて降参のポーズ。それからはムギちゃん、しつこくして怒られそうになると、コロンッとひっくり返ってゴメンナサイ。

0004

今じゃトイレも共有する仲。

0016

お水を飲むのも一緒。

0015

お尻の世話までしてます gawk

0014

0013

父性本能が目覚めたかsign02 仲良しになったくれて、本当に良かったsign03
そう言えば、ダンディが子猫のポンタと仲良くなったのも、ダンディが太っ腹な所を見せたからだったな。

0005

よっsign01 太っ腹〜
人間も、こんな風にうまくやっていけるといいんだけど heart02

0017

きゃ〜、私のパソコンが……shock

bud 美炎さんのライブ情報 bud

11月28日(土)  美炎&宇摩ライブ 
      〜美味しいディナーとのスペシャルコラボ〜


  大陸の弦 (馬頭琴) 島国の弦 (津軽三味線)
  その美しさを追求する二人の女性アーティストが紡ぎだす独自の音世界。

  時 間  6時オープン 6時半スタート
  入場料  4,500 (ディナー+ワンドリンク) 
  場 所  ステイハッピー (下北沢) 03-3410-5959

12月6日 (日)  ヤマト歌と馬頭琴

  桜月流 美剱舞の神谷美保子と、馬頭琴の美炎によるMusic Live 
  ミホミホの風  古代と未来を繋ぐプリミティブ・ハルモニアな世界

  時 間  15時30分オープン 16時00分スタート
  入場料  4,000円
    場 所  みつるぎカフェ (江古田)
        Facebook

2015年11月 9日 (月)

ムギと米

我が家に新しい家族が増えました。名前はムギちゃん、女の子。

O0480032013438729864
1ヶ月位の頃

物置で生まれて、見つけた人が動物保護センターに持ち込んだらしい。保護猫の里親探しをしているにゃんピースから、お嫁入りしました。
おうちを用意したら、ポンタ氏早速チェック。
入ってはみたものの、お尻しか入らないので、とりあえず座ってるしかないgawk

0048

あたちが入ると、こんなです。セレブーpigな雰囲気

0047

カゴに揺られてやってきたムギちゃん、フタを開けたら大きくのびして、大あくび。怖がる様子もなく、ゴロゴロ言ってました。
かたや大きな体にノミの心臓のポンタは、恐怖のまなざしcoldsweats01

0002
家政婦のポンタ

こんな時もあったな〜think
090610_0740001

0001_2


1446989713707

あそぼっ!あそぼっ!と不規則な動きをするムギに、おっとりポンタ、びびってます。この2匹がうまくやっていくには、ちょっと時間がかかりそうです。

0007

嫁入りしてきて、2週間。体も態度もでかくなりましたcoldsweats01

栃木県那珂川町 (旧馬頭町) 在住ヒロクラフト の廣田さんが、お米を送ってくれました。
里守米と言って、美炎さんが棚田コンサートをやった地域の里守人さん達が作ったお米です。

0004

廣田萌さんデザインのおじさまカードがついています。

0005

お米が作られた田んぼの写真と共に、里守人さん達の言葉が綴られています。
このカードを見ながら炊きたてのご飯を食べると、日本人で良かったなあとしみじみ思ってしまいます。日本の美味しいお米と里山の風景は、全国にいる沢山の里守人さん達の手で守られているのですね。

riceball 里守米 riceball

里守人 -さともりびと- が作ったお米

栃木県那須郡那珂川町小口の梅平地区。
山に囲まれた起伏の大きい地形の中に
粘土質の田んぼが連なる、美味しいお米が育つ地域です。
「自然のダム」 と言われる田んぼ。
田んぼを守ることは、里の暮らしを守ることに繋がります。
そして、田んぼは人の手が入ることでのみ守られます。
自然に寄り添う里の暮らしを楽しみ、慈しみ、守り、
伝え生きている梅平の人々は 「里守人・さともりびと」 といいます。
田んぼを守る一番の方法は、お米を食べていただくこと。
里守人が作った美味しいお米を多くの人に食べてもらいたい。
里守米を食べていただくことは、
里守人を支える力になります。

お問い合わせ 廣田 0287-92-5660

2015年7月 4日 (土)

北イタリア紀行 ② 輝く花々と幸せなワンコ達

次に向かったのは、オーストリアとの国境に近い世界遺産ドロミテ。
陸どうしがぶつかり隆起した後、氷河で削られて独特な形状になったドロミテ山脈は、最高峰で3,343mとスイスアルプスに比べて高くないものの、尖っていたり台形だったり、時には鷹がとまっているようにも見えて面白い景観。その山懐には、湖が点在していました。
2,842mのラテマールを映すカレッツァ湖。 穏やかな水面の周りには、沢山の花が咲いていました。

0001_2

0012_3 0005

0006 0007
(左) フウロソウ (右) ホルミヌム・ピレナイクム

この時は晴れていたのですが、ポルドイ峠を越えると何やら怪しい天気に。ハイキングしているとナ、ナントsign01 雪が降ってきました。寒〜いsign03 昨日は真夏、今日は冬です(笑)

0002

震えながら下山していると、サーッと雲が晴れてお日様がキラキラ。 鳥達が囀り、お花が輝きだしました。shine  なんとも気まぐれなお天気ですcoldsweats01

0021

0008
リュウキンカshine

ファルツァレーゴ峠を抜けて、ロープウェイに乗りラガッツォイ展望台 (2,803m) に着くと、ダンディみたいな犬が走り回っています。

0024
0026
0017
一緒にロープウェイに乗ってきたのね。ダンディと来たかったな happy01

民族衣装を来た飼い主さんに 『ボーダーコリーですか? 私も飼ってたんですよ』 と話しかけると、オーストラリアンシェパードだけれど、性格はボーダーと同じだと言います。
真っ直ぐに飼い主の方だけ見ているので、なるほどと思い、こんな所で走り回れるなんて、なんと幸せなワンコだろうと思いました。でも、これから先も色々な所で幸せなワンコ達に会う事になります。

0014
0013

コルティナダンベッツオで朝を迎えると、朝焼けの山々がピンク色に染まっていました。早朝5時、新鮮な空気を吸いながら町を歩くのは気持ち良かったです。(散歩してるのは、私達日本人だけでした coldsweats01 )
翌日は、フィヨルドのような景色が拡がるドッビアーコ湖へ。

0016
0015

可憐な花々が散策路を彩ります。

0027 0028
(左) カンパニュラ・パツラ (右) シラタマソウ

0023_3 0030
(左) リグスティクム・ムテルリナ (右) ミヤマリンドウ

0029

ここにも、幸せなワンコ達がいましたよ。dog

0033
0032

大きな犬小屋と、芝生のお庭を独り占め catface

2015年1月15日 (木)

我が家は避難所?

昨日の朝。洗濯物を干そうとベランダに出たら隅の方にてんこ盛りのウ○コが。。。
ふと見るとモゾモゾ動く毛玉。大きなお尻が押し合いへし合い。
ええっsign02 ハクビシンの子供? それも2匹sign03 なんでこんな所に??? 

0021

足に怪我をしてるみたいで、私が覗き込むたび緊張するのかおしっこちびります gawk
いつの間にかポンタが後ろに来ていて、慌てて抱き上げるとえらそうにシャーッと威嚇。

0022
つぶらな瞳shine

ここは2階。木に登ってここまで来たけど足に怪我したから、かあちゃんが置いていった?
困ったぞ。。。夫にメールすると 『母さん頼りにされているんだよ。傷が良くなったら帰るんじゃない』 と、のん気な返事。
ここにいるという事は、ウ○コが貯まるという事…ひえっ〜sign01
捕まえて庭に下ろすにしても、噛まれたり引っ掻かれたりしたくないし、捕獲するにも許可がいるとネットに書いてあったし…。もし下ろしたとしても親がいなかったら猫にやられてしまうかも。。迎えに来なかったらどうしよう shock
とりあえずリンゴをあげて様子を見る事に。

00232

冬の間だけ野鳥の為に刺しておくリンゴを食べに、毎日沢山の鳥がきます。

0019

丹下左善みたいに目が不自由なメジロや

0020

体調の悪そうなヒヨドリなんかも。
ポンタがバードウオッチングしててもお構いなし。

0024

翌日は大雨という天気予報。
どうか母さんハクビシンが迎えに来ますように…と祈りながら就寝。
そして朝。いなくなってましたsign03 おみやげ沢山置いて(笑)
それにしてもなんで置き去りに? 足が腫れていて痛そうだったのに、木を伝って下まで降りたのですね。
庭の木に 『ハクビシンはお断り』 という札立てておこう flair

00012

2014年12月 8日 (月)

猫の毛もむしられる秋の終わり

12月に入っても楽しめる千葉県の紅葉

泉自然公園
0002

0004_3

0001_2
ダイサギ

0008
オシドリ

0017
カワセミ

本土寺
0006

0015

0018

成田山
0016

今は紅葉の見頃も過ぎ、庭の木には、リンゴを食べに常連さんがやってきます。

0010
メジロくん

ポンタは相棒のダンディがいなくなって緊張感がなくなり、「メタボ猫用」のフードを食べているのに大きくなる一方 coldsweats01

0013

屋上に置いとけばちっとは運動になるかと思ってたら、こんな格好でひなたぼっこ三昧。
で、ある日突然。喜んで行ってた屋上が嫌いになったsign02 
連れていくとびびる…gawk
そう言えば、額のとこが小さくはげて赤くなってた。

0012

どうやらカラスにからかわれて、毛をむしられたらしい(笑)
野良猫が、後ろから飛んできたカラスにパンチされたのを見たことあるのだ。
さらわれないで良かった。 重くて無理か coldsweats01

0011_2
ヒヨどん

2013年10月 8日 (火)

ポンタとリリィさん ~島猫choji写真展~

ダンディがいなくなって緊張感がなくなり、手持無沙汰なポンタ氏。
主がいた席で見てるのは、お気に入りのテレビ 「岩合光昭の世界ねこ歩き」

131008_0060001
うらやましー

131008_0140001_2
見よ! この集中力!

131008_0190001
島猫のリリィさん、お目が高い!って、木にも登れない君には高値の花だねcoldsweats01

京橋のアイランドギャラリーには、島猫ちゃん達が沢山います。
沖縄在住の、仲村清司さんと、写真家chojiさんコラボのエッセイガイドが出版された記念の写真展です。
BARのカウンターに席を持っている猫ちゃんや、ウタキを守る猫など、いつもとは違う沖縄の魅力が満載の本です。猫マップ付き。島猫リリィさんに会いにきませんか。

cat 島猫choji写真展
島猫と歩く那覇スージぐわー 那覇は「ニャハ!」である
cat

会 期 10月4日(金)-17日(木)
時 間 11:00-19:00
会 場 Island Gallery
会期中無休 入場無料


10月恒例、美炎さんの棚田馬頭琴コンサートが近づいてきました。

bud 「 美炎、馬頭琴の調べ 
     ー馬頭の棚田に吹き抜ける心地よい風にのせてー 」bud

会 期 10月13日(日) 受付:10時頃より 開演11時
     (雨天時は11時30分開演となります) 

会 場 山の棚田にて (〒324-0618 栃木県那須郡那珂川町小口)

  雨天時会場 「山村開発センター」 (〒324-0613 栃木県那須郡那珂川町馬頭555)  

演 奏

  馬頭琴 : 美炎
  キーボード : 竹井美子 
  ベース : giz(ギズ)

チケット
  前売り  大人(高校生以上);2200円、  小人(3歳以上);1000円
  (当日券  大人:2500円、  小人:1200円)


詳細はコチラ

131008_0170001

2013年9月16日 (月)

有難う、楽しかったよダンディ♡

ダンディが天国に旅立ってしまったshine

1279_0050001

121127_0010001 ソファに登れなくなって下に

ボール遊びやサッカーが大好きで、車でお出かけすると嬉し過ぎて着くまで吠えてるし、毎日の散歩ではボール投げ20回か、サッカー(口でキャンディボールを投げ返すか、鼻先でころがして持ってくる)しないと満足しない、メンドーな奴だった。
散歩で他の犬に会うと、いや~な顔して歯ぐきみせて私の顔ばかり見てる奴だったから、4年前子猫が来た時は心配したけれど、なぜだか優しくて、留守番させると2匹でお尻付き合わせて寝てたりしたっけ。
そうそう、ポンタがダンディの下の世話をしてたこともあったっけ(笑)

Dcim02980001
最後はベッドで寝たきりに

夫と喧嘩すると、どういう訳だか私の前にきて「まあまあ、そんなに怒らないでも」と肩に手をかけるので、おかしくなって喧嘩する気が失せた時もあった。
なだめに来るのはいつも私の方なので「原因は私か~っ」とつっこみたくもなったけど、「僕はお母さんの味方だよ」と言いたかったのかもと勝手に思ってる。
家族が仲良くしているのが、ダンディの一番の幸せだったのかも知れない。
縄張りに態度のでかい新参者が来ても家族として受け入れて、やきもち焼きながらもうまくやってた。

090610_0090001_2 Dcim03000001
ビフォー                     アフター

Dcim03060001 点滴中 パッキンも緩みがち

お散歩もいい加減で、決して良い飼い主とは言えなかったけれど、私達に命を預け、全面的に信頼し、与えられた物だけで満足して、ひたすら家族の平和を望んできた。
こんな風に人間も生きられたら、世界は平和だろうな。shine

ダンデイがいなくなってから、ポンタがやたら甘えてくるようになった。ひとりで留守番した事なかったし、家族として頼りにしていたのかも知れない。
リビングの真ん中に鎮座していたダンディがいなくなって、部屋がやけに広く見えるし、掃除機かけるたびに吠えてうるさかったので、妙に静かで淋しい。
今頃は、不自由な体を抜け出して、草原で走り回っているだろうな。
ダンディ、楽しかった15年4か月を本当に有難うheart02

より以前の記事一覧