« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

光と闇、そして著名な宗教家達の声明

北海道洞爺湖で出会った光の世界。
早朝、湖はモノトーンの世界でした。
湖の中央に浮かぶ (実は火山の噴火口です) 中島は黒く、たなびく白い雲に覆われています。

0006

太陽が雲の合間から顔を覗かせると、水面が黄金色に輝き出しました。

0005

0003

光の粒が、水面に散らばっていきます。

0004

この時間、鳥は嬉しそうに囀り、まるで光を取り戻したことを喜んでいるよう。
光が拡散する前の早朝の、この時間が私は好きです。
漆黒の闇が続いた後だからこその感動。真っ黒でも、真っ白でも見る事の出来ない世界。
闇も光も、両方ないと成り立たない美しさです。

6月に、ローマ法王やダライ・ラマなど世界の著名な宗教家たちが、宗教を超えて声明を出しました。

「友愛関係や、お互いを知り合うことは、拒絶や分断を超え、お互いを高め合い、理解し、結束する解決方法になる」 

と訴えています。 
日本で主要メディアはネガティブな話題ばかりを発信していますが、こんな素晴らしいニュースも取り上げて欲しいですね。
世界は、光を増している、良い方向に行っている。そう、想像 (創造) したいと思います。

一部、訳してみました。ミスがあったらお知らせをcoldsweats01

「どちら側の山から登ろうと、お互いに助け合うべきだ。そうすれば、全ての人が同じ場所に立つ事ができる。だから、人々は友達になる必要がある」

「お互いの宗教の違いに焦点を合わせたり、違いを探したりしない事だ」

「あなたとは全く違う人と同じ時間を過ごす事の素晴らしさは、どれだけ同じモノをお互い持っているかという事を発見できることだ。同じ恐れ、同じ願い、同じ関心事を。」

「個人的な付き合い、個人的な友情関係、その上に私達はより深いレベルでの経験を交換できる」(ダライ・ラマ)

目指そうとしている場所が、同じ「愛」に基づいた平和と協調の場所なのだとしたら、どんな宗教でも同じ場所を目指している筈。偏見や思いこみを無くしたら、その場所が見えてくるのかもしれませんね。

この動画の後に、それぞれの方達のお話が続きます。

note 馬頭琴美炎 THE GREAT JOURNEY note

7月31日(月) サラヴァ東京(渋谷)

19:00 開場 19:30 開演

チケット Ads4,000円 Door 4,500円 (ドリンク代 別600円)

お食事もできます。

詳細はコチラ 馬頭琴美炎

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »