2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

うりずんの沖縄と、君津のカフェ『森の停留所』

久し振りに沖縄に行ってきました。
5年前に美炎さんがコンサート をしたAKARA 。版画家の名嘉睦稔さんがデザインしたユニークな建物ですが、外側の木が大きくなっていてびっくり!

5年前
12324_3910001

現在
0022

建物内にあるボクネン美術館では『風の聲(こえ)』展をやっていて、『地球交響曲』や、4年前に美炎さんと久米島に行った時に見た『五枝の松』(1本の木) をモデルにした、まるで生きた龍のような 『巌臥蒼龍(がんがそうりゅう)』 という作品も展示されていました。

Img_1507

五枝の松
130708_0710001

横幅が5m近くもあるこれらの大作は、ここへ来ないと見られないので会えて嬉しかったです。happy01

0021

泊まったのは、北部やんばるの森の近くにあるプライベートリゾートオクマ。
ブーゲンビリアやハイビスカスが咲く広大な敷地にコテージタイプのお部屋が点在する気持ちの良いホテルです。一日中イソヒヨドリが美しい声で鳴いていて、鳥達が目の前を飛び交いますnotes

0004

うりずんの沖縄。天気が悪いと肌寒いのに、晴天になると一気に温度が上がりますsun
でも夏と違って砂浜を素足で歩けるので、気持ちが良くて砂の感触を楽しんでいました。初めはパラソルの下にいたのですが、最後は海にドボン。大きな魚と一緒に泳いでました。見回すと泳いでいるのは子供だけ(笑)
やんばるの森もハイキングしました。

0027

連休初日の29日は、キミジイさんのお友達の金子さんが経営している音楽ホールのある『森の停留所』という君津のカフェで美炎さんのコンサート。
8日の『花の舞フェスタ』に来ていたお客さんも沢山足を運んでくれてました。湘南や品川ナンバーなど、遠くから車や高速バスで来て下さった方も。lovely

0002

キミジイさん 、金子さんに前売りチケットを沢山頼まれたのに、チケット足りなくなっちゃったから返してと言われたそうです。嬉しいですね(笑)
お二人の集客力には、頭が下がります happy01

0012

この日は、5月7日に発売される美炎さんの2枚のCD (視聴、購入できます) の収録曲、初披露のコンサートになりました。
グラスランドには、棚田コンサートのテーマ曲 『棚田のうた』 も収録されてます。

0024_2

『森のなまえ』は、鳥の鳴き声とせせらぎの音に包まれた森の中を、そよ風と共に妖精になった自分が飛んでいるような気持ちの良い曲。
自然が大好きというおばちゃん、この曲大好きnote と呟いてましたhappy01

0013

前田さん、色々な楽器を使います。

0025

『dance in Arizona』は、ビートの効いたロック調の曲。銀河やアリゾナの砂漠に行ったり、森の中を浮遊したり、孤独な北極おおかみの気持ちになったり…。美炎さん、曲毎に違う世界にいざなってくれます。
モンゴルの馬頭琴というイメージを超越した美炎ワールド。草原を駈ける馬から始まった世界が、どんどん拡がっていくのが楽しみですshine

0014

キミジイさんと、金子さん

0016

前にご一緒した、山川建夫さんも来て下さいました。

7月に 『THE GREAT JOURNEY』 コンサートが、渋谷であります。
新曲を聴きたい方は、是非お越しください。前売り4,000円。当日4,500円。

18157618_977802302356546_2309210744

2017年4月12日 (水)

久留里千年の森 キミジイさん花の舞フェスタ

『秘密基地』 と聞いて、皆さん何を思い浮かべますか?
私は幼い頃、林の中に枝などで友達と秘密基地を作り、そこをベースキャンプに探検して遊んでいました。時には、いつの間にかよそ様の広大なお庭に入りこんでいて、怒られた事もありました。でも、逃げるスリルが又楽しいのです(笑)。今では考えられない遊びですよね。
その秘密基地、それも広大な秘密基地を60代になってから一人で作り始め、その場所で 『花の舞フェスタ』 という、ロックフェスならぬ地元密着型、なんと無料の音楽フェスタを実現してしまった人がいます。
キミジイさん 』。

0060

その秘密基地は、『久留里千年の森』といいます。キミジイさんが、お一人で庭に木を植え、家を2軒たて、敷地内に滝まで発見して友達と散歩道を作ってしまいました。これがユンボ。3台目だそうですcoldsweats01

0076_3

滝まで、10分て、どんだけ広いんだwobbly

0084_2
0063_2

イノシシくんには聞きに来て貰いたくないですよね。coldsweats01

0071

0066

4月8日、お庭の花々も競うように咲き、隣の聖地公園の桜も満開でしたが、終日生憎の雨。それでも、沢山お客さんが集まってくれて、駐車場は満車です。

0062
0067

『生涯青春の会』 は豚汁(開演前に完売) を販売、本格的ダッチコーヒーや、パン、お寿司やお赤飯、甘酒などの出店もありました。

0073011

なんだか熊本を思い出します。地元の方の謡曲、お箏、金管五重奏、ギター&リコーダー、オカリナなど、おばあちゃん、おじいちゃんの晴れ姿を見にお孫さんも来ています。

0080


006501
0068

ギターの弾き語りをして下さった大橋照賢さんは、キミジイさんのテーマソングを作って披露して下さいました。notes

0079

皆さんの座っている長椅子も、キミジイさんの手作り。病気をされて、左手が不自由との事でしたが、凄い完成度です。頭が下がります。

0077

見えているお家2軒もキミジイさんがお一人で建てましたcoldsweats02
2階にあるトイレからは、大きな窓から山や谷が見渡せて、いつまでも籠っていたくなる快適さです(笑) お茶席、晴れていたら毛氈をひいてやりたかったそうです。残念。
先日、ビフォーアフターで、さだまさしさん所有の島にある建物のリフォームをやっていて、最後に同窓生が集まっていましたが、キミジイさんは、お一人で建物を建て、先日中学の同窓会をここでやっていました。凄いですよねconfident

0082

2部は、ピアノ&フリューゲルホルンの『フレッシュかなで〜る』 さんの演奏。今回のプログラムも作って下さいました。

0081

そして、最後は美炎さんたちです。午後には雨がやむかなあと思っていましたが、大雨。調律が大変そうでした。前田さん、うらめしそうな顔してますね(笑)

005902

それでも、最後はアンコールで大盛り上がりsign03

0078011

キミジイさん、最後にちょこっとだけご挨拶。
無料で皆さんを楽しませて下さったのに、なんという腰の低さsign03
このフェスでお手伝い頂いたボランティアの方達は40人程だとか、人徳ですね。
やっぱり花咲か爺さんですcoldsweats01

美炎さんと、キミジイさんに会いに行ったのが2年前。その時語っていた夢をキミジイさん、実現して下さいました。
『じゅんちゃん、約束果たしたよsign03
嬉しそうに、言ってくれたキミジイさんの幼子のような笑顔、忘れられません。
本当に有難うございましたsign03heart01

『幼子の夢 もう一度 秘密基地』 shine

私も、幼子に戻って、キミジイさんの夢を一緒に見た春の一日でしたcherryblossomcherryblossom

4月29日に、キミジイさんの森からも近い『森の停留所 』という、音楽ホールのあるカフェで美炎さんの馬頭琴コンサートがあります。
東京からも、東京駅八重洲口からの高速バスで68分、下車後数分で行けます。

開演 2時〜 ワンドリンク付 3,000円

0001_2

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »