2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 不思議なご縁とキミジイさんの花の舞フェスタ | トップページ | 美炎熊本復興支援コンサート② 〜第6回大畑駅さくら祭りコンサート〜 »

2017年3月29日 (水)

美炎熊本復興支援コンサートの旅① 〜大畑(おこば)駅と、オカリナ『俊郎15周年記念コンサート』〜

熊本県人吉市に行ってきました。
5年前の3月、大畑(おこば)駅の第1回さくら祭りコンサートで演奏した馬頭琴奏者美炎 さん。
昨年4月の熊本地震の後、どうしても又この場所で演奏したいという想いが強くなり、熊本地震の前日に出来た曲 『ポラリス(北極星)』 をイメージしたステッカーを販売し、支援を募ってきました。
今回のコンサートは美炎さんの、皆さんに元気を届けたいという想いと、ステッカーを買って下さった沢山の方達の、熊本を応援したいという想いが形になったコンサートです。
24日早朝、真っ白な富士山に見送られながらジェットスターで鹿児島空港へ airplane

0040

向かったのは、JR九州肥薩線、日本で唯一のループ&スイッチバックで有名な、明治42年開業の大畑(おこば)駅
蒸気機関車の給水塔や、煙で真っ黒になってしまう乗客の為の手水場がホームに未だに残る無人駅です。

Img_1343

名誉駅長で、駅を愛する地元の方達が作った『大畑駅を愛する友の会』 の会長さん、そしてコンサートの主催者でもある池田さんが出迎えて下さいました。
池田さん、『タカと幸おじさん』 という絵本にもなった有名人。
毎日一人で駅の整備をしている池田さん。蜂に刺されて倒れている所を、愛犬のタカが電車の運転手に吠えて知らせ、助かったというお話です。 『飼い主が倒れたらどうするか実験したら、助けようとする犬殆どいないみたいなんだよ。おしっこかけちゃう犬もいるんだって』 皆で大笑いhappy01 

0042 0041_2

鉄道ファンの為に、竹藪を切り開き草刈りして、この景色が見える展望台を作ったのも池田さんです。鉄道ファン憧れの場所になっているそう。
『展望台はあの木が目印、て教えてあげると、そのまま登ってきちゃう人もいるんだ。折角道作ったのに』(笑)

0024

0044

0005
いさぶろう・しんぺい号

0025
レトロな車内 昔懐かしい木製の床

大畑駅は、今は 『いさぶろう・しんぺい』 という観光列車が止まり、週末には友の会のおば(あ)ちゃん達のお惣菜や地元特産品が並ぶ売店もオープン。
からし蓮根(2個300円)、高菜の油いため(100円)、どんこシイタケ(10個以上200円)、沢庵(3本200円)、柚子胡椒200円などなど。美味しいsign03 安いsign03 採算度外視sign02

0010

面白いのは、駅舎に貼られた沢山の名刺。貼っておくと出世するらしい。駅舎の中は名刺で壁が見えません。天井近くに貼っている人も。どうやって貼ったんだろ。shine

Img_1410
右 池田さん。 その隣 理事の中村さん。

0006 0007
切符を入れられない切符いれ。

駅舎の中には、薪のダルマストーブ。壁には活躍した蒸気機関車の写真が飾ってあります。ストーブの香ばしい煙の匂いに包まれながら写真を眺めていると、昔にタイムスリップしたみたいで懐かしい気持ちにjapanesetea

Img_1348

幼かった頃、夏休みに10時間以上かけて蒸気機関車に乗り、山形の祖母の家まで行った記憶が蘇ります。セミの大群が車内に入ってきて大喜びで捕まえたり、トンネルを抜けると、顔が真っ黒になってたっけ。

0043

友の会のおばあちゃん、91歳で一人暮らし。シニアカーで30分かけて坂を登ってくるそうです。コンサート当日、朝からおそらく10時間以上、ここにいてお手伝いしてました。本当にお元気です。普段静かな無人駅に沢山の人が集まるのは嬉しいのでしょうね。
旅に出て地元の方と触れ合えるのは、楽しみのひとつです。happy01

次に向かったのは、翌日開催される 『俊郎15周年記念コンサート』 のオカリナ奏者高場俊郎 さんのアトリエ『アートスペース風の谷』。俊郎さんは、今回のコンサートの為にキーボードやドラムなどの楽器を用意して下さり、ご自身のコンサートにゲストとして美炎さんを招待して下さいました。
俊郎さんはオカリナをご自分で作られているのですが、様々な形のユニークなオカリナがあってびっくり。どうやって吹くのと驚かれるそうです。
吹いているのは古代笛。低くて太い素朴な音がします。トトロも木の上で吹いてましたよね。この笛で俊郎さん、美炎さんと 「さくら」 をコラボしました。

Img_1401

翌25日のコンサート。昔宗次郎のオカリナが好きでよく聴いていたけれど、生で聞くのは初めて。とても素朴で、高い音が伸びやかに拡がって胸に染み入ってきます。

Dscn8363_2

俊郎さんは、シンガーソングライターでもあり歌も歌ったのですが、「感謝 」 (リンクはyoutube オカリナ演奏) という曲は、娘を遠くに嫁にやる父親の気持ちを歌った曲。私、来月末に大阪に行ってしまう娘を思って大泣き。
母ちゃんへ」 は、認知症の母親への想いを歌った曲で、嫌がる母親をショートステイさせてきた私はまたもや涙腺崩壊。crying
花粉症も手伝って、皆にテイッシュをめぐんで貰いました(笑)。こういう歌は年齢がどうしても反応してしまいますねcoldsweats01

第2部美炎さんの演奏は、最前列に座っていた学童保育の子供たちの為の 「スーホの白い馬」、ドラムがかっこいい 「レッドロックスピリット」 、一万頭の馬が草原を駆け抜ける 「万馬の轟」 など、元気一杯の曲で盛り立ててくれました。

Dscn8358_2

演奏後、お土産にこの地方の郷土玩具きじ馬をプレゼントして頂いて嬉しそうです。

Dscn8368_2

26日は、大畑駅さくら祭りコンサートで演奏です。
ところが、桜、咲いてませんsign03 どうなることやら…
cherryblossom 追記 桜満開の大畑駅を、俊郎さんのオカリナと共にご覧下さい。 coldsweats01

0023

« 不思議なご縁とキミジイさんの花の舞フェスタ | トップページ | 美炎熊本復興支援コンサート② 〜第6回大畑駅さくら祭りコンサート〜 »

コメント

とても、楽しく熊本のコンサートのブログを読ませて貰いました。
写真も、沢山あってあーそうだった…と思い出しながら、熊本の事もそうですが、小さい頃の自分にタイムスリップしてしまいました。
懐かしい、オカリナの音色風景と心に響きました。いつも、有り難うございます(*☻-☻*)
此れからも、楽しみにブログを読ませて頂きまーす。
ヨロピクです💞✨

洋子さん
いつもコメント有難うございますheart01
オカリナを聞きながら大畑駅を眺めていると、本当に懐かしい気持ちになりますよね。
友の会の皆さんも子供だった頃、蒸気機関車に乗って顔を真っ黒にしていたのかな、なんてconfident
心の拠り所があるのって、心強いですよね。皆さん集まって、いつも万歳三唱やっているからお元気なのかもしれませんね。私達も、やらないとです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議なご縁とキミジイさんの花の舞フェスタ | トップページ | 美炎熊本復興支援コンサート② 〜第6回大畑駅さくら祭りコンサート〜 »