2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016年7月10日 (日)

喫茶アルルカンでナイトライブ

昨夜は、八街の生活クラブ風の村特養ホーム内にある喫茶アルルカンで、美炎 (Morin khuur MIHO) さんのナイトライブがありました。

0013

喫茶アルルカンは、自然豊かなお庭を眺めながらヘルシーな食材で作ったランチや飲み物などを楽しめるだけでなく、ヨガ教室や認知症サポーター要請講座、展覧会、コンサートなどの企画を行う事で地域の交流スペースにもなっています。
美炎さんここで何回もライブをしていますが、美炎さんが皆さんに愛されているのは、壁に展示されている馬頭琴美炎コーナーで良く分かります。

0001

集まったのは60数名。キャンセル待ちが出るほどの人気でした。今回の衣装は、黒のドレスに水墨画家の山鹿公珠先生がくださった銀色の帯を合わせたもの。肩からかけて前で結ぶという斬新な組み合わせにちょっと驚きますhappy01

0016

車椅子のお年寄りを連れたご家族が一緒に楽しめるのもここならではで、コンサート会場と違い、美炎さんの息遣いまで聞こえて来そうなアットホームな雰囲気。
ロック調の 『レッドロック・スピリット』 や、昨日できたというcoldsweats01『ダンスインアリゾナ』 など、美炎さんもドラムの前田さんとの掛け合いが楽しそうです。

0006

0005

東日本大震災5周年の今年作った 『マグノリアの願い』 は、包み込むような優しい音色でいつも心にこみあげるものがあります。この曲はスイスでも大きな拍手が起こった曲で、帰国後仙台の荒浜で犠牲者に捧げた曲です。
そして、又起こってしまった熊本の大地震。
『ポラリス』(北極星の意味) は熊本地震の直前に美炎さんが作った新曲で、イラストレーターの中島菫さんとのコラボでステッカーを販売し、その資金でお世話になった熊本の皆さんに馬頭琴の音色を届けに行きます。

緑の綺麗なお庭が、日暮れと共に星が輝くお庭になって、幻想的に美炎さんを照らしだしていました。
美炎さん、スイスから帰って益々音に深みが増したみたい。スイスの山々から力を貰ってきたかなshine

0007

『ポラリス』

bud 馬頭琴美炎コンサート情報 bud

2016年7月 2日 (土)

スイスの旅⑥ 〜馬頭琴美炎ミッドサマーナイトコンサート〜

翌21日は夏至。インターラーケンオストとベルンで乗換えて大使公邸に戻り美炎さん(Morin khuur MIHO)、佐野ご夫妻主催の 『ミッドサマーナイトコンサート (Midsummer Night Concert)』 に出演です。
6席ある個室タイプの列車は快適で、昔乗った寝台車を思い出しました。

0028

今回の衣装は水墨画家の山鹿公珠先生が、地紋のある白い着物地に薔薇を描いた作品を 『美炎さん、これでドレスを作ったら、ヨーロッパに行って演奏する事になるわよ』 と言ってプレゼントして下さったものを、仕立てたもの。

0030

そう仰って一年も経たないうちに、現実になりましたsign03 
お客様は、各国大使ご夫妻や、著名人、スイス在住の日本人など30名程。
まずは、お庭でシャンパンと軽いおつまみ。

0006

パーティーの開催は7時半ですが、この日の日没は9時18分。まるで、昼間のようです。こんな華やかな席に出るなど、生まれて初めての経験、下の名前で自己紹介するもののしどろもどろですcoldsweats01

00012

エレガントな衣装に身を包んだ美炎さんも素敵ですshine 
ピアノはスイス在住のピアニスト黒岩かおりさん。佐野美代子さんが、通訳してくださいます。

0003

0002

皆さん、馬頭琴を聴くのは恐らく初めての経験。他の弦楽器とは違う指使いなど、説明にも熱心に耳を傾けて下さっていました。
乗馬をされる方が多いのか、馬が走る演奏の時は身を乗り出している方も。私の傍におられたご夫婦、途中から立ち上がり、最後まで立って指の動きを見ていました。最後は大きな拍手。

00831

3b70c67d1

その後は西山シェフのお料理で、ディナーパーティーです。大福も手作り。
黒岩さん、大福は冷凍でしか手に入らないと、喜んでいました。

0045

0008

西山シェフと、3日間お世話になったメイドさん達。

00051

日本人はスイスに長く滞在されている方が多くて、スイスのお勧めの場所や美味しいワインの話、物価が高くて大変な話など、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

帰国後佐野さんからメールで、お客様が 『美炎は、詩的でメランコリックなメロディで人々に感銘を与える若くて才能豊かなアーティストだ』 と手紙で誉めて下さったこと。
山の前で撮った写真が地元の宣伝になると、グリンデルワルド出身でマッターホルンの登頂にも成功した方が喜んで下さった事、他にもお礼のメールを沢山頂いた事を伝えてくれて、とても嬉しくなりました。
佐野大使、美代子さん御夫妻には貴重な経験をさせて頂き、又旅行中も色々とお世話になり本当に感謝です。
有難うございましたheart01

佐野美代子さんのブログ です。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »