2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« スイスの旅④ 〜メンリッヒェン 絶景の前で演奏〜 | トップページ | スイスの旅⑥ 〜馬頭琴美炎ミッドサマーナイトコンサート〜 »

2016年6月30日 (木)

スイスの旅⑤ 〜馬頭琴とアイガー〜

今日は、メンリッヒェンからユングフラウ三山を正面に見ながら、色とりどりのお花の中をハイキングtulip

0006

0011 0002
アルプスオキナグサに、フリューリングス・エンツァイアン(ハルリンドウ)

0003
キランソウ?

0004 0010
アルペン・ソルダネッレ(イワカガミダマシ) と、ホタルブクロ

0009
キンポウゲ

0005

途中の道には、まだ雪が。

0014

0007

野鳥にも出会います。尾の黄色い猛禽類。

0016

どこにいるか、分かりますか?

0015

コースの途中、絶景ポイントにはベンチがあります。下の方に見えるのは、グリンデルワルドの街です。

0008

アイガー北壁が目の前に迫ってきました。

0012

美炎さん、ここで演奏する事を決めました。馬と龍も嬉しそうshine

Img_0475

Img_0483

Img_0477

Img_0482

気持ち良さそうです。美炎さん、馬に乗って、空を駈けてるsign02 
聴いている私も、心が解き放たれてました。
険しい山というイメージのアイガーですが、美炎さんの隣で雲から顔を覗かせた姿は穏やかで、静かに耳を傾けているようにも見えました。

撮影し終わると、すぐ後ろにおじさんが。。オーストラリア人で、娘さんがプロのバイオリニストだといいます。それは、なんという楽器なんだ、名前は?と聞かれ、興味津々でしたcoldsweats01

スイスの素晴らしい所は、こんなハイキングコースの途中にもレストランがある所。
美炎さん、重い楽器を背負って歩いたので、ホッとひと息。アルペンドール(キバシガラス)が遊びに来ました。

0017

0018

ワンコと一緒にハイキング出来るのもいいですね。ここにも、お砂場が↓

0020

そしてナントこのママさん、赤ちゃん背負って、2匹の犬と子供の手を引いて家族でハイキングしてました。
こんな背負子(しょいこ)、日本で見たことないsign03 リュックの上に赤ちゃん乗ってる…というか、背負子にリュックがついてるsign02 パパじゃなくて、ママが背負っているというのもたくましいです。
日本では、小さい子供連れでハイキングなんて勇気がいるけれど、これだけ整備されている環境だと、安心して楽しめそうですhappy01 

0021

登山電車でグリンデルワルトの街へ。電車の中にもワンコが。ペット可のホテルも多いです。

0022 0023

今夜の宿はフェリエンウォーヌンフ ウフ ドゥル リヴウィ という、舌を噛みそうなシャレー。3階のワンフロアー貸切でキッチンがついているので、CO-OPでお惣菜を買って来てのんびりお食事しました。暖炉もついていたのでした。

0027

Dscn7470

買い物の帰り、美炎さんが彩雲を見つけました。彩雲は、幸運を呼ぶと言われているそうです。
いよいよ明日は、大使公邸でコンサート。どんなコンサートになるでしょう。つづく。

Img_0489

« スイスの旅④ 〜メンリッヒェン 絶景の前で演奏〜 | トップページ | スイスの旅⑥ 〜馬頭琴美炎ミッドサマーナイトコンサート〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スイスの旅④ 〜メンリッヒェン 絶景の前で演奏〜 | トップページ | スイスの旅⑥ 〜馬頭琴美炎ミッドサマーナイトコンサート〜 »