2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« あれから5年 福島への旅③ 〜奇跡の神社再訪〜 | トップページ | エアレースin 幕張 »

2016年3月14日 (月)

美炎さんの魅力 〜「里守人と馬頭琴」と水墨画のドレス〜

毎年秋に、栃木県那珂川町 (旧馬頭町) の棚田で開かれる美炎さんのコンサート。
昨年演奏会のデザインをトータルコーディネートした主催者廣田家の娘さんが 「演奏会を作り上げている梅平の人々」 をテーマにした冊子「里守人と馬頭琴」 を作り、芸術大学の卒業制作展に出展しました。

Img_0072
作品展のテーマ 「梅平地区・馬頭琴演奏会トータルコーディネート」

今ではメディアにも取り上げられ、梅平地区の魅力を沢山の人が知るきっかけにもなった棚田コンサート。その5年間の軌跡と地元の人達の想いがぎゅっと詰められているこの冊子を読んだ時、東京から移住してきた廣田さん一家が、如何にこの場所を愛し、地区の人達に愛され、又、梅平の人や自然の豊かさや、美炎さんの魅力を引き出して、皆さんに伝えてきたかが分かって、感動しました。

Img_0073
「奨励賞」 をとったのに、こんな所にcoldsweats01

Img_0075

美炎さんも、これは 「私の宝物」 と言って抱きしめていたけれど、皆さんの素敵な笑顔が冊子を開くたびに蘇ってきて、心がほっこりしてしまいます。
里守人スタッフの皆さんのひと言の中に
「この演奏会をきっかけに、若い人を含めて梅平の人が団結できたと思うなあ。演奏会を続けるには風景の維持もしなくちゃいけないから、昔通った田んぼを残すきっかけにもなっているよね。」
という言葉があったのが、印象的でした。

5年前の美炎さんは少年のようでした。コンサートの時に口紅も持ってきてなくて、私が真っ赤なおばさん口紅を貸してあげたのだった。そんな野生馬みたいな美炎さんも魅力的だったのだけど。
小さかったねむの木の成長と合わせるように、美炎さんもどんどん変身しています。

111013_5300001

その魅力に魅せられた人がもう一人います。
里見八犬伝の舞台にもなった南房総の滝田城近くに、ギャラリーSFK を主宰されている水墨画家の山鹿公子さん。
昨日は3月13日 (さとみの日) という事で、夢酔藤山さん執筆の 「里見太平記」 (里見家の歴史) の挿絵を描かれている山鹿先生の作品展で美炎さんが演奏しました。

Img_0083_2
山鹿先生の作品

0001
ふきのとうやお雛様は、お母さま文子さん (SFKのF) の作品かな

今回のお衣装は、山鹿先生が描いたものです。

Img_0099

弓を動かすたびに水墨画が描かれた袖が揺れます。

Img_0115

Img_0102

0003

0004

まるで、天女のようではないですかshine
ヘアメイクも素敵ですheart02 5年の間に、蝶に変身sign02

山鹿先生、美炎さんが訪れるたびにご自分が描いた布やお洋服をプレゼントして下さいます。他にもあるので、どんなお衣装に生まれ変わるのか楽しみです。

帰り際、山鹿先生が妹さんの書をプレゼントして下さいました。
お父様は、書道家。旦那様は宮大工。芸術家一家ですart

0007

« あれから5年 福島への旅③ 〜奇跡の神社再訪〜 | トップページ | エアレースin 幕張 »

コメント

本当に、蛹から蝶に大変身しましたよね。5年って長いようで短いですね。棚田での出会いから色々な学び、変化をミホはしましたね。私達も変身しましょう・・・あ!蛾に成っちゃった(笑い)山鹿先生との出会いも、ミホに取って宝物ですね。人との出会いって宝物を増やす事なのですね。自分にも出会いにも感謝が出来る、ピュアーな心持ってないと宝物は増えないのかも知れませんね~。もう私なんて、エゴだらけ(泣き)でも、宝物は増えている!はず・・・?何だかんだ言っても、今の周りの方たちに感謝、そして宝物!

Youkoさん
いつもコメント有難うございます♡
洋子さんと美炎さんに出会えた事が、私にとっては大きな宝物です。感謝、感謝shine
そこから素敵な出会いが沢山あり、宝物がどんどん増えて今じゃ大金持ちsign03
心を込めて地域の皆さんとお付き合いしているご両親の後ろ姿を見ながら、こんな魅力的な作品を作られる娘さんも宝物ですね。若い人が成長していく姿を見ているのも楽しいですheart02
私達は、蛾ですが (大笑) 鱗粉ふりまいて周りに迷惑かけないようにしながら、縁の下の力持ちで少しはお役に立てたらと思います。

夏の波濤の作者です。
6月30日から原画展第二期がギャラリーsfkではじまり、昨日、イベントが催されました。
三期も予定されておりますが、また美炎さんにお願いしようかと、山鹿先生もおっしゃっておりました。どういう形にしろ、様々な融合で文化が解け合うことの試みを、面白く感じております。

夢酔藤山さん
コメント有難うございます。
原画展が始まったのですね。「文化が解け合う」 本当に面白いですgemini
外国の方が水墨画のドレスで日本の美に触れ、モンゴルの楽器でスイスの草原に思いを馳せ、感動する姿を目に出来て嬉しかったです。
又、お会い出来るのを楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あれから5年 福島への旅③ 〜奇跡の神社再訪〜 | トップページ | エアレースin 幕張 »