2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 今年もお世話になりました | トップページ | プリンセス・エリザベス・ムギ »

2016年1月10日 (日)

Made in Japan 展

戦争の出来る国になった日本、異常気象、テロ事件の増加、中東情勢の悪化と難民問題、隣国北朝鮮の核開発、世界経済の悪化と、2016年は波乱の年になりそうです。不安な気持ちに陥る事なく、穏やか且つ冷静な気持ちで一年を過ごせればと思います。

秋山眞和先生の綾の手紬染織工房 が初出展するというので、船橋東武で12日まで開かれている、にっぽん全国職人の技 (Made in Japan) 展に行ってきました。
13日〜18日までは、柏タカシマヤでも開催されています。

Dcim0644

今回は天然藍染めのカットソーやスカート、ワンピース、草木染めのシルクマフラーやショールなどが展示されていました。
迷った挙句に買い求めたのが、藍染めのカットソー。

Dcim0646
Dcim0650

どうやったらこんなグラテーションが出るのか、不思議です confident
同じ柄で斜めバージョンもありました。

Dcim0652

まさに職人技ですね。
藍の色は、染める回数によって様々な色があるそうです。まさに、Japan Blue。
微妙な色合いに付けた名前は、日本人の感性の豊かさを映しているようですね。

Dcim0655

リタイアして洋服を買うこともあまりなくなりましたが、流行に左右される事なく、着る程に味わいを増す Made in Japan の服を大事に着ていくライフスタイル、いいなと思いました。
このカットソーは厚手と薄手の中間の薄さ。重ね着をすれば、真夏以外シーズンを問わず着られそう。藍染めは殺菌作用もあるので、臭いも防いでくれます。
無形文化財の天然藍染めのカットソーが15,000円。お得です。

0016

お正月は家でのんびり。野鳥レストランに来る鳥を眺めてました。
常連さんの中に、赤いリボンをつけた雀が2羽。いたずらされたのでしょうか?  偶然絡まったというより、結ばれたという感じです。

0015
0014

単独で行動する事はなくて、いつも仲間と一緒に来ます。木に絡まって動けなくなる、という事がないといいのですが bearing
むぎがどんどん大きくなってきて、ポンタはこの頃出遅れてます。ご飯待ちする順番も2番目。すばしっこいものね (笑)

0001

今年も、どうぞよろしくお願い致します happy01

« 今年もお世話になりました | トップページ | プリンセス・エリザベス・ムギ »

コメント

本年もよろしくお願いします。

FBも卒業して今年は森づくり慢心致すつもりでおります。

寒くなりましたね!!久留里の森にもジュウビタキが山小屋を気に入ったのか小屋から離れず和ましてくれますよ!新しく建てた山小屋は山吹山荘と名付けました。花の季節に久留里にお越しの際は山吹山荘から山吹の花を見学してください。

キミジイさん
今年もよろしくお願い致しますhappy01
ジョウビタキくん、自分の庭だと思っているのかな(笑)
山吹に桜、春色に囲まれた山荘は綺麗でしょうね。
昨年お邪魔した時を思い出します。
一番寒い時期なので、どうかご自愛下さい。

家の中に居ると、春の訪れを感じられる陽だまり・・・外に出ると風が冷たいこと(泣き)本当に、日本いや世界の情勢を考えると不安ですね。秋山先生の藍染も自然が左右してきますよね。為替株価・・・私たちには関係無いようですが、何処か歪みの様な物を感じて来ます。秋山先生の様な作品が、いつまでも心配せずに自然と一緒に息ずいて行って貰いたいですね。むーちゃんは、どうですか?落ちついて来ましたか?又、ぽんちゃんとむーちゃんに会いたいのでヨロピクです。

洋子さん
いつもコメント有難うございます♡
子供の貧困率の上昇の一方で、食べられる食品の廃棄や横流しなど、なぜと思うような事が沢山ありますよね。
株価の乱高下を見ていて思うのは、「天空の城ラピュタ」。数字を操って儲けている人がお金持ちになって、地に足をつけてコツコツ働いている人が貧しい世界。自然に感謝するどころか壊して、それでも生きていけると思いこんでいる人間は、バルスという言葉と共に弾けるしかないのかなと暗い気持ちになってしまうこの頃です。お孫ちゃん連れて、いつでもむーちゃん達に会いにきてね〜happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もお世話になりました | トップページ | プリンセス・エリザベス・ムギ »