« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月18日 (水)

仲良しになる方法

ムギがきてそろそろ一か月。
先住猫のポンタと仲良くなれるか心配でしたが、今では親子みたいに仲良しになりました。
怖いもの知らずのムギちゃんに、猫社会の付き合い方を教えたのはポンタ cat

0012

最初のうちは威嚇してたポンタでしたが、ある日突然、自分からお腹を見せて降参のポーズ。それからはムギちゃん、しつこくして怒られそうになると、コロンッとひっくり返ってゴメンナサイ。

0004

今じゃトイレも共有する仲。

0016

お水を飲むのも一緒。

0015

お尻の世話までしてます gawk

0014

0013

父性本能が目覚めたかsign02 仲良しになったくれて、本当に良かったsign03
そう言えば、ダンディが子猫のポンタと仲良くなったのも、ダンディが太っ腹な所を見せたからだったな。

0005

よっsign01 太っ腹〜
人間も、こんな風にうまくやっていけるといいんだけど heart02

0017

きゃ〜、私のパソコンが……shock

bud 美炎さんのライブ情報 bud

11月28日(土)  美炎&宇摩ライブ 
      〜美味しいディナーとのスペシャルコラボ〜


  大陸の弦 (馬頭琴) 島国の弦 (津軽三味線)
  その美しさを追求する二人の女性アーティストが紡ぎだす独自の音世界。

  時 間  6時オープン 6時半スタート
  入場料  4,500 (ディナー+ワンドリンク) 
  場 所  ステイハッピー (下北沢) 03-3410-5959

12月6日 (日)  ヤマト歌と馬頭琴

  桜月流 美剱舞の神谷美保子と、馬頭琴の美炎によるMusic Live 
  ミホミホの風  古代と未来を繋ぐプリミティブ・ハルモニアな世界

  時 間  15時30分オープン 16時00分スタート
  入場料  4,000円
    場 所  みつるぎカフェ (江古田)
        Facebook

2015年11月 9日 (月)

ムギと米

我が家に新しい家族が増えました。名前はムギちゃん、女の子。

O0480032013438729864
1ヶ月位の頃

物置で生まれて、見つけた人が動物保護センターに持ち込んだらしい。保護猫の里親探しをしているにゃんピースから、お嫁入りしました。
おうちを用意したら、ポンタ氏早速チェック。
入ってはみたものの、お尻しか入らないので、とりあえず座ってるしかないgawk

0048

あたちが入ると、こんなです。セレブーpigな雰囲気

0047

カゴに揺られてやってきたムギちゃん、フタを開けたら大きくのびして、大あくび。怖がる様子もなく、ゴロゴロ言ってました。
かたや大きな体にノミの心臓のポンタは、恐怖のまなざしcoldsweats01

0002
家政婦のポンタ

こんな時もあったな〜think
090610_0740001

0001_2


1446989713707

あそぼっ!あそぼっ!と不規則な動きをするムギに、おっとりポンタ、びびってます。この2匹がうまくやっていくには、ちょっと時間がかかりそうです。

0007

嫁入りしてきて、2週間。体も態度もでかくなりましたcoldsweats01

栃木県那珂川町 (旧馬頭町) 在住ヒロクラフト の廣田さんが、お米を送ってくれました。
里守米と言って、美炎さんが棚田コンサートをやった地域の里守人さん達が作ったお米です。

0004

廣田萌さんデザインのおじさまカードがついています。

0005

お米が作られた田んぼの写真と共に、里守人さん達の言葉が綴られています。
このカードを見ながら炊きたてのご飯を食べると、日本人で良かったなあとしみじみ思ってしまいます。日本の美味しいお米と里山の風景は、全国にいる沢山の里守人さん達の手で守られているのですね。

riceball 里守米 riceball

里守人 -さともりびと- が作ったお米

栃木県那須郡那珂川町小口の梅平地区。
山に囲まれた起伏の大きい地形の中に
粘土質の田んぼが連なる、美味しいお米が育つ地域です。
「自然のダム」 と言われる田んぼ。
田んぼを守ることは、里の暮らしを守ることに繋がります。
そして、田んぼは人の手が入ることでのみ守られます。
自然に寄り添う里の暮らしを楽しみ、慈しみ、守り、
伝え生きている梅平の人々は 「里守人・さともりびと」 といいます。
田んぼを守る一番の方法は、お米を食べていただくこと。
里守人が作った美味しいお米を多くの人に食べてもらいたい。
里守米を食べていただくことは、
里守人を支える力になります。

お問い合わせ 廣田 0287-92-5660

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »