2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 北イタリア紀行 ④ テルマエロマエと教会の不思議な光 | トップページ | 雨の苔の森と、美味しいキノコ達 »

2015年7月17日 (金)

北イタリア紀行 ⑤ スイス・フランス・イタリア国境の村と山々

アオスタからは、スイスとの国境に立つモンテチェルビーノ (マッターホルン4,478m)、ヨーロッパアルプス最高峰で、フランスとの国境に立つモンテビアンコ (モンブラン4,810m) 、イタリアで最高峰のグランパラディーゾ (4,061m) まで、30分〜1時間位で行くことができました。

0004

モンテチェルビーノの麓の村チェルビニア (標高2,050m) の手前にある、ラーゴ・ブルーという小さな湖。晴れれば、モンテチェルビーノが湖に映る姿が見られる筈なのですが…。
暫く待っていたけれど、雲隠れ。反対側の山はとても綺麗に見えるのに残念。sad

0003

でも、足元にはお花畑が拡がっていました。

0007 0008

悪魔の爪と呼ばれているキキョウ科の珍しい花 (フィテウマ・オルビクラレ) も。↓

0009

そして、ここでも飼い主とのんびりハイキングしている幸せなワンコに会いました。

0005_2

0015

モンテチェルビーノ、見えればこんな感じです↓ coldsweats01 
スイス側からとは印象が違います。

0014

山や氷河からは、幾筋もの流れが滝になってどんどん流れていっています。

0034

6月末だというのに、チェルビニアは観光客も殆どいなくてのんびりとした時間が流れていました。家族経営のレストランでリゾットを食べましたが、美味しかったです。静かなチェルビニアの街並み。

0016

次に向かったのは、モンテビアンコの麓の村クールマユール (標高1,300m)。氷河がすぐ近くに見えます。エルブロンネ展望台に行く新しいロープウェイスカイウェイ が出来たばかりでした。このロープウェイを乗り継いで行くと、フランス側シャモニーまで行く事が出来ます。ここでも、モンテビアンコの頂上は雲隠れ。

0019

0030

0029

グランパラディーゾ国立公園の麓の村はコーニュ (標高1,534m) と言って、冬はクロスカントリースキーで有名だそうです。この村の先の川沿いをハイキングしました。
ここでは、運が良ければアイベックス という珍しい動物を見る事が出来ます。

0018

0023

002711

0020 0021

0031

0024_2

草原の中に小川が流れていて、せせらぎの音と鳥の声を聞いていると心も体も軽くなるよう。時間を忘れて自然と戯れる子供の気持ちに帰っていました。confident

0026

それにしても、6月というのに暑いのには驚きました。お花も一気に咲いてしまっているような印象です。4,000m級の山々が連なる山懐だというのに。
チェルビニアは、初夏でも雪が積もり年間を通じてスキーを楽しめるという町の筈なのですが、山の上に少し雪があるだけでした。温暖化は、確実に進んでいるようです。
この美しい自然が、いつまでもその姿を失わない事を願わずにいられません。

0033

0032

Dcim0527

« 北イタリア紀行 ④ テルマエロマエと教会の不思議な光 | トップページ | 雨の苔の森と、美味しいキノコ達 »

コメント

初めまして。長さんと申します。
今日、ブログ記事作成の準備のため、晴れた日のモンテ・チェルビーノが見える写真をネット検索しておりました。その中の1枚の写真を偶然クリックして、こちらのブログをお訪ねしたのです。
私たち夫婦が参加したツアーと、よく似た天気の日にラーゴ・ブルーの写真を撮っておられるなと思いながら読み進めると、子供たちが小さな流れで遊ぶカットが登場しました。これで確信しましたよ、6月17日から10日間の北イタリアツアーで同行された方だと。
前のページを見ると、シルミオーネの半島巡りのモーターボートでもご一緒したようですね。多分、薄茶色の帽子を被って、赤い大きなバックを持っていた方ではないでしょうか。
手慣れたそしてセンスある編集と見事な写真、もう、ブログ歴は長いようですね。
私はブログ歴10年ですが、へたくそな写真を懲りもせず毎日投稿しており、現在も北イタリア旅行記を、国内の旅行記と隔日で投稿しております。よろしければお訪ね頂ければ幸いです。
なお、私の顔はトップページに似顔絵が、8月8日の記事に写真が出ておりますので、ご記憶がおありではないかと存じます。

長さん、コメント有難うございます。
ブログ拝見させて頂きました。
お花の写真、名前を探すのが大変だったのですが、長さんのブログに出会っていたら楽だったのにと思いました。coldsweats01
国内外でお花の写真を沢山撮れているようで、カメラを向ける時の楽しさが伝わってきました。綺麗に撮れた時は嬉しいですよねtulip
私はガルダ湖で、陽気なボートのお兄ちゃんの左後ろにいて黄色いシャツを着てました。小さいおばさん2人連れです。
一度お食事の時、同席したような記憶があります。
もう一度旅行に行った気分になれますね。お写真の編集とか、大変な作業ですが、この後のお話も楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北イタリア紀行 ④ テルマエロマエと教会の不思議な光 | トップページ | 雨の苔の森と、美味しいキノコ達 »