2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年5月

2015年5月26日 (火)

馬頭琴+人形浄瑠璃のコラボレーション 〜スーホの白い馬〜

千葉県君津で、美炎ワールドの新たな幕が開きました。slate
馬頭琴と、日本の伝統芸能人形浄瑠璃の見事なコラボレーションです。
今回のコンサートは3部構成でした。

第1部は、馬頭琴コンサート 
第2部は、八王子車人形第五代家元西川古柳さんの人形浄瑠璃公演 
第3部は、馬頭琴と人形浄瑠璃、映像のコラボレーションによるモンゴルの民話 『スーホの白い馬』 の特別公演です。

新しい試みである今回のコンサートでは、色々なアーティストが集まって美炎さんの夢の競演を支えていました。ロビーでは、共演者の展示も行われました。

0005
0006

『スーホの白い馬』 の舞台、モンゴル。

0008_2

文化庁選択無形民俗文化財八王子車人形西川古柳 さん

0001_2

投影するイラストを描いた画家の米本久美子さんの作品

0003

米本さんのイラストを舞台映像にした、デザイナーの中島菫(すみれ)さんのジャケットイラスト作品(左)。
今回のコンサートに合わせて、2枚のCD 『ファイブエレメントジャーニー』、『天との約束』 (「スーホの白い馬」の挿入曲 イラストは田村セツコさん) がリリースされました。

それぞれのイラストの美炎さん、フォークロアな衣装を身に纏ってなぜか花の髪飾りも一緒。美炎さんのイメージそのものです。
そこで、ステージ衣装も髪型もそれに合わせる事に。ここでも、ヘアメイクアーティストの影の尽力が。

0002_2 0001_3

古柳さんは、清姫の髪を自ら結います。

古柳さんの人形浄瑠璃は車人形と言って、箱型の小さなスツールのような車に腰かけ、人形の踵についた突起を足の指に挟み、人形の手を持って演じるもので、まるで人間と人形が二人羽織をしているような繊細な動きをします。
演目のひとつ、『日高川入相花王』 (道成寺、渡し場の段) では、安珍を追ってきた清姫が川を渡れず、突っ伏して肩を震わせて泣いた後、夜叉に変身するという、人形とは思えない臨場感ある演技に観客が固唾を呑んで見入っているのが分かりました。
人形浄瑠璃を見るのは初めてでしたが、人間味溢れる演技にとても魅了されました。

そして、『スーホの白い馬』 の舞台。
袖で美炎さんが演奏し、歌ったり、語ったりしながら演技が進みます。

11349854_853408438047348_631269338_

11330465_853408434714015_592186471_

驚いたのは美炎さんの演奏を、舞台の後ろで演奏しているドラム (今成英樹さん) やピアノ (竹井美子さん) の位置からは良く見えない事。
お客さんの中には、生で演奏していると思っていない人もいたのではないかと思うけれど、見事に合わせていました。coldsweats01
映像も、古柳さんの動きに合わせて流していたといいます。人形の動き、照明、音響、映像、音楽、全てが合わないと成り立たない舞台。
皆さんの息がぴったり合って、スーホも馬も生き生きと動いていました。
説明的な語りは殆んどないのですが、古柳さんのスーホが全てを物語ります。血だらけの白い馬が映像に流れた時、涙にくれた子供達も多かったのではないでしょうか。
バックに流れる新曲 『天との約束』 も、涙を誘いました。

11350595_621615661308547_2521001451 0004_3

馬もスーホも古柳さんの作品。一回だけの公演では勿体ないです。
全国を廻って、子供達に見せてあげたいです。

アンコールは、古柳さんの人形がフラメンコを踊ります。赤いハイヒールが何ともキュート。こんなに生き生きと人形が踊るなんてsign03 

0009

7月には、岡山県で古柳さんとの舞台が見られるそうです。見逃した方は、岡山まで happy01
美炎さんのホームページをチェックsign03
新しいCD (視聴可能) も、買えます。

bud 馬頭琴美炎 bud

2015年5月11日 (月)

奥多摩の森に響く馬頭琴の音色

自然の中での体験を通して、環境教育や保護活動をされているアースマンシップ主催の春のギャザリングに行ってきました。
場所は奥多摩の森の中。連休前、そよ風の心地良い晴れの日で、新緑や山桜が綺麗でした。早速お散歩。

0006

0015_3

針葉樹の森の渓谷沿いには伐採を免れた巨木が、大きな岩を抱きながら、ずっしりと立っていました。この場所にどんな物語があるのか、聞いてみたくなります。

0007

0018

響き渡る鳥達の声も心地良かった。足元には、小さなお花達。
ハルリンドウにミヤマキケマン。イチリンソウも咲いてました。

0009_3 0017

そして、ところどころに固まって落ちてる黒い実みたいなもん。
においもしないし、割ってみたけれど……種がない。もしかして…gawk

0003

あちゃ〜shock フン、フン、フンnote 鹿のフンnote でした coldsweats01

ここには、石が敷き詰められた小さな広場のような場所があり、集まった人達はブランコをしたり、まき割りをして焚き火を楽しんだりしています。
実は、普段は鹿の遊び場なのでした〜secret

0011

0016

みんな、思い思いの場所を探して座ったら、美炎さんの演奏のはじまりはじまり。

0008
木の下の美炎さん、妖精みたいshine

0010

心地良い風に乗って、馬頭琴の音色が森に流れていきます。鹿もどこかで耳を澄ませているかな。

0002 0004

演奏が終わると、子供達に囲まれてました。
そして、スタッフがランチを作ってくれました。こんな所で、自炊もせず美味しいお昼ご飯が食べられるなんて、幸せですheart04

0014 0019

0013

演奏が終わり、美炎さんすっかり童心に返ってます。
私も乗ろうとしたけど、足が届かず(笑)
こういう所に来ると、火遊びしてみたくなったり、川で泳ぎたくなったりするもんですね。
夏のキャンプの時は、子供達に細かいスケジュールを組むのではなく、自分で感じて考えて行動する事を大事にしているとか。
水を川から汲んで来る事から始めることで、自然と水の大切さを学ぶそうです。

0005

帰り際、日差しを浴びて青い空でキラキラと光るもの。ウスバカゲロウでした。
命溢れる季節がやってきました。

0012

bud美炎馬頭琴×西川古柳人形浄瑠璃 bud

第一部 美炎・馬頭琴コンサート
      風の馬 龍は嵐を呼んで天に昇る レット・イット・ゴー

第二部 八王子車人形・第五代家元 西川古柳・人形浄瑠璃公演
      さんばそう 日高川入相花王(渡し場の段)

第三部 馬頭琴・人形浄瑠璃・映像のコラボレーションによる特別公演
      『スーホの白い馬』

日 時  2015年5月23日(土)  14時開演 (13時半開場)

場 所  君津市民文化ホール (千葉県君津市三直622) 

チケット 大    人 2,500円
     中・高校生 1,500円
     小学生、未就学児 無料 (但し、ご入場の際は必ず保護者同伴)

お問い合わせ 0439 (55) 3300

アクセス   ☆ JR内房線 君津駅よりバスまたはタクシー約15分
      ☆ 無料駐車場830台完備
      ☆ 東京駅(55分)、羽田空港(40分)、横浜駅(50分) からはアクアラ
        イン経由で、文化ホール隣の君津バスターミナル(BT)まで直通
        の高速バスがあります。

        高速バスの時刻表はコチラ
        http://nitto-kotsu.co.jp/kosoku(kimi-tyo).htm

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »