2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 富良野から青い池へ 〜キタキツネ、カッコウ〜 | トップページ | 震災から3年5か月の被災地 〜気仙沼〜 »

2014年8月12日 (火)

震災から3年5か月の被災地 〜陸前高田〜

震災1年目に訪れてから2年半。
気仙沼大島在住の友人にまず行ってきて欲しいと言われた、陸前高田を再度訪れました。
ここは18メートル、遡上高で30メートルを超える津波が襲った場所で、白砂青松と言われた美しい海岸や松林がすべて流され、町もなくなってしまいました。

0044

町に近づいて目に飛び込んできたのは、巨大なベルトコンベアー。奇跡の一本松は隠れて見えなくなっています。

0048

0049

山を切り崩し、かさ上げの為に土をベルトコンベアーで運んでいるのです。山は土を運んだあと高台の住宅地になるそうです。

0050

0052

震災前5.5mだった堤防は12.5〜12.8mになるそうです。これは東日本大震災ではなく、明治や昭和の三陸沖地震を参考にして国が決めた高さ。堤防の是非や高さについては賛否両論あり、この施設が稼働を始めたのは今年の春だそうです。

0045

0051

辺りは、ベルトコンベアーが土を運ぶガラガラいう音で包まれていました。

0003

かさ上げして道路を作っています。

0046

町並みは草に覆われていました。

0001_2
殺風景なので、道端の野花にホッとします。

0002

仮設のお店もありました。

0054
奇跡の一本松

前回訪れたとき、自然の猛威の前に人は無力だと言葉を失いました。
山を切り崩し、土を盛って地盤を高くし、高い堤防で海を覆うという人間の、自然への挑戦。人々の 『負けてなるものか』 という底力のようなものに、圧倒された一日でした。
3年を過ぎてやっと始まった復興事業。人手不足や資材不足などで遅れることなく進んで欲しいです。

震災から1年の被災地 〜陸前高田〜

« 富良野から青い池へ 〜キタキツネ、カッコウ〜 | トップページ | 震災から3年5か月の被災地 〜気仙沼〜 »

コメント

お元気で何よりです。久留里地域での楽しい試みブログ拝見させていただきました。
森づくりを初めて10年以上経過しましたが、風の便りに聞く情報だけでしたが、思ってもいない所で、田舎暮らしを求め、バラ園やオーガニック野菜畑、パン屋さんからレストラン、ピザの店、まだ知りえない、珍しいお店など、森づくりの骨休みに森の周辺を探索したいですね!無論、姫のお友達のパンもガブリ味見したいですね、森もこれから秋に向かい剪定作業や植木の植え替えなど手が離せませんが、一度、秘密基地を離れ、久留里の周辺をぶら~りしたいですね!!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富良野から青い池へ 〜キタキツネ、カッコウ〜 | トップページ | 震災から3年5か月の被災地 〜気仙沼〜 »