2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 奇跡の神社 ~福島久之浜秋義神社~ | トップページ | フランス ~ルーブル美術館①~ モナ・リザの微笑み »

2013年12月28日 (土)

君だけに愛を

今年の締めはザ・タイガースのコンサート。
場所は東京ドーム。

Dcim03520001

人込みを掻き分け突き進む友達の後を、必死についていきます。
席は天井に一番近い3階後方。気の遠くなるような急な階段をゼイゼイ言いながら登ります。見渡すと、観客は白髪まじりの熟年ばかり。
杖をつきながら登ってくる人に、どこからともなく『頑張って~』の声がcoldsweats01
皆さん、この日を冥途の土産話にしようと必死にやってきた感があります(笑)
観客が熟年なら、奏者も熟年。メンバー全員、よくぞこの歳までひとりもかける事なく再結成出来ました。
グループサウンズ時代を彷彿させる、詰襟り姿で登場。
44年ぶりに見る昔のアイドル。白髪になり、背中も丸くなってしまって、元気に飛び跳ねるという訳にはいかないけれど、その声は健在。ジュリーの声はせつないし、トッポの高音はとぎれながらも綺麗。
涙を誘ったのは、岸部四郎が車椅子に乗って『イエスタディ』を歌った時。
60年以上生きてきたけど、色々あったよねと自分の人生に想いを重ねた人が多かったかも知れない。
今回全員が揃ったのはドラムの瞳みのる(ピー)が、復帰したから。解散後すぐに慶応大学に入り、教師をしていたのです。
ドラムは全身を使う楽器だから一番大変な筈なのに、メンバー最高齢(67歳)のピーが、昔と変わらない足取りで、ステージの端から端を走るというパフォーマンスをした時はびっくり。(『原形をとどめているのはピーだけ』とジュリーが言って、会場大爆笑)
音楽から遠のいていたサリー(岸部一徳)やピーが、1年ばかりの準備時間で昔のように演奏して歌うのはとても大変だったろうと思うthink
バックバンドを使わず、演奏も歌も、自分達だけでやってのけたメンバーには、沢山元気を貰った。
途中の休憩時間に、隣近所のおじさんおばさん達が『のど飴』をわけあいながら盛り上がってたのも楽しかった。
ジュリーの『君だけに愛を』が始まった時は、1,2階席は総立ち。おばさん達のきゃ~っという声は健在でした。
あ~3階で良かったわ。腰痛いし(笑)
メンバー間の確執もあって、全員が揃うのに時間がかかったけれど、歳を重ねると、苦い思い出も懐かしい思い出に変える事が出来るようになる…。同世代の周りの人達と心地良い時間を共有しながら、そんな事を思っていましたconfident

中学時代、夢見る少女はタイガースをテレビで見ながら『私の白馬の王子様は、今どこで何をしてるのだろう』などと空想していましたが、帰宅するとその王子様、おこたで背中を丸めながら居眠りしてましたsleepy
お互い達者で、何事もなくお正月を迎えられる事に感謝ですheart02
今年一年、色々とお世話になり、有難うございました。皆さんもどうか良いお年をお迎え下さいfuji

« 奇跡の神社 ~福島久之浜秋義神社~ | トップページ | フランス ~ルーブル美術館①~ モナ・リザの微笑み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奇跡の神社 ~福島久之浜秋義神社~ | トップページ | フランス ~ルーブル美術館①~ モナ・リザの微笑み »