2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« ギターヘッド? 山の秋 ~蓼科、富士山~ | トップページ | 君だけに愛を »

2013年11月 7日 (木)

奇跡の神社 ~福島久之浜秋義神社~

親戚のお墓参りの為、福島県いわき市に行ってきました。
最初に訪れたのは、原発から31キロの場所にある久之浜。

131102_0500001

ここでは、高さ4~5mある防波堤を越えて津波が襲来、その後火災になり、63人の犠牲者が出たそうです。

131102_0380001

不思議なのは海から40m程の場所に建つ、秋義(稲荷)神社。

131102_0310001

周りの建物が全て流され、焼失したのにも拘わらず残っています。鳥居は流されましたが本殿は無事だったそうです。
神社よりも高い建物やすぐ後ろにある建物も壊されているのに、そこだけ、津波も火事もよけて通ったようです。

131102_0530001

131102_0540001
震災の後

131102_0350001

131102_0460001
現在 

世の中には人智の及ばない領域がある』それを、人間に思い起こさせる為に神様が残したのかも知れない。
そんな事を思いながら、慰霊の為に置かれた祭壇に線香をたむけました。

131102_0510001 131102_0330001

新しく建て直された住宅の間を抜け、久之浜の駅の反対側に行くとプレハブで出来た小さな商店街があります。
ここには被害の様子を観光客に伝えるブースがあり、沢山の写真が貼ってありました。

131102_0490001

お土産を買うと、おばちゃんが話をしてくれました。
流されてしまった家の後片づけをしていると、ガレキの下から手足のないご近所の方のご遺体を見つけた事。
つい2カ月前にも、ガレキの間からご遺体の一部が見つかった事。
コーヒーを振舞いながら、毎日来る人につらい体験を話されているのです。

東京では、オリンピックに浮かれている人が沢山いて、震災は過去の出来事の一部になりつつあります。でも、ここでは時間が止まったままのようでした。
昨年、気仙沼を訪れた時に友人の言った 『とにかく忘れて欲しくない』 という言葉を思い出していました。壊れたままの堤防、基礎だけ残った建物の跡地。場所は違いますが、一年前に訪れた被災地と同じような光景が拡がっていました。
復興は本当に進んでいるのでしょうか。

« ギターヘッド? 山の秋 ~蓼科、富士山~ | トップページ | 君だけに愛を »

コメント

本当にあの震災で何もかも失ってしまった人たち、今だに心に傷悲しみを抱えて毎日を生きている方たち・・・。もう、遠い昔の事の様に忘れかけて居る人たち・・・。各言う私も、忘れかけて居る一人なのではと身が凍りそうに成る自分を垣間見る。日本だけではなく、この異常気象の中どこで何が遭ってもおかしくない・・・いつ何時にでも。純姫さんの久ノ浜のブログを見て、懐かしさよりもあの悲惨な状況を(3・11)を、思い出しました。忘れてはいけない、人事と思ってはいけない・・・と。未だに、前の生活に戻る様に日々頑張って居る方たちが居るのですよね。是から極寒に向かう、震災に遭った方たちに手を合わせ祈るばかりです。

洋子さん
いつもコメント有難うheart02
震災の時は、何度も福島へ訪れてのボランティア、お疲れ様でした。
先月の台風、昨夜の竜巻注意報、今朝の地震と「どこで何があってもおかしくない」と本当に思います。自然の怒りが目に見えると、誰でもが感じているのではないでしょうか。
でも、私もそうなんですが、自分だけは大丈夫みたいな根拠のない自信があったりして…despair
そんな事を地震、津波、原発事故と木っ端みじんに打ち砕いた3.11があったにもかかわらず。
被災された方の痛みを自らの痛みとして、これからの日本の将来を考える上での礎にするのか否か、それが地球や子供達の未来にもかかわってくるのではないかと、この小さな神社を見ながら思いました。
被災された方達が早く日常を取り戻せるように、今も海や土の中に眠っている方達が早くご家族の元へ帰れるように祈りたいと思います。

JUN姫さま

突然のコメント失礼いたします。ご相談がありまして、この2013.11.17のブログ記事の秋義(稲荷)神社などのお写真、近日発売の書籍で使わせていただく事できませんでしょうか?私はその書籍のライターの一人でして、秋義(稲荷)神社を題材にした自分の担当コラムで使いたくご相談申し上げる次第です。

差し支えなければ、ご返事メールアドレスにいただければ。明るく取れているお写真なので、印刷物によく合うと思います。

リュウさん
ブログ見て頂いて有難うございます。
お写真でお役に立てるのでしたら、どうぞ使って下さい。
只、元の写真は残っていなくてこの写真もブログ用にリサイズされています。
4枚目と5枚目の写真は、浜岡商店街のブースにあったものを撮っているので出来ればそこでオリジナルを手に入れる事をお勧めします。
あれから1年以上経ちました。この神社をコラムで取り上げて頂けたら、地元の方達もきっと喜ぶでしょうね。有難うございますhappy01

JUN姫さま、ご快諾ありがとうございます!4枚目と5枚目の写真の撮影事情分かりました。もし4・5枚目を使用する場合、商店街様にも相談いたします。

出版予定が公開されましたら、またご連絡申し上げます。重ねてありがとうございます!

リュウさん
一時、この神社も存続の危機にあったとか。
ささやかですが、お役に立てるとしたら本当に嬉しいです。
楽しみにしていますhappy01

JUN姫さま、

書籍出版されましたので、ご連絡申し上げます!

タイトル『絶景と美味とパワースポット - 2日間であなたの人生を変える旅!』(編集:グラントスタイル編集部 出版社: サンクチュアリ出版)¥1,296(税込み)

「絶景×食×パワースポット」を兼ね備えた国内18箇所の旅プランを紹介しております。JUN姫さま撮影のお写真は、127ページの「コラム: ここに故郷あり - いわき市に建つ奇跡の神社」で
掲載させていただきました。重ねてありがとうございました!

リュウさん
ご連絡有難うございます。早速、アマゾンしました。
この本を読んだ人が秋義神社に訪れ、地元の人達の力になってくれたら
本当に嬉しいです。
読ませていただくのが楽しみです。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギターヘッド? 山の秋 ~蓼科、富士山~ | トップページ | 君だけに愛を »