« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月19日 (月)

DAYS JAPAN 「いのちの地球に生きる」

横浜赤レンガ倉庫で28日まで開かれている、フォトジャーナリズム祭「いのちの地球(ほし)に生きる」に行ってきました。
主催は、真実を発信するというメディアの役割を追及し続けているDAYS JAPAN
「いのち」をテーマにした写真を撮り続けている宮崎雅子さんの、小さな赤ちゃんの必死に生きようとする姿と、見守る家族や医療に携わる人達の絆を切り取った写真の他、シリア内戦、誘拐結婚、難民、ストリートチルドレンの間で蔓延する薬物、チェルノブイリで静かに進行してきた放射能汚染の実態。福島の現状。沖縄の高校生が伝える基地問題など、国内外の様々な現在進行形の問題を、写真を通して伝える展覧会です。

130819_0070001_2

印象的だったのは、住民がいなくなった福島で満開の花をつける桜並木を見上げる防護服姿の人達の写真。
チェルノブイリ事故から27年経ったウクライナで、ガンに侵され横たわる少女や、放射能が原因で亡くなった純白のウェディングドレス姿の美しい少女の棺桶を担ぐ人達の写真。福島の牧場で、骨と皮になった馬に餌をあげている写真など。

国外で起きている内戦や戦争では沢山の命が失われているけれど、日本はその中でも、もしかしたら一番深刻な問題を抱えている国なのではないだろうかと思ってしまいました。
会場の外では平和な日常に興じる人達(自分も含めて)がいて、まるで未来永劫日本の平和は約束されているように錯覚してしまうけれど、実は福島では放射能が海に垂れ流され、世界中に拡散している訳で、レイチェル・カーソンの「沈黙の春」のように静かにそして確実に生態系に影響を与えている。
日本人はその一番近い場所で生活していて、食物連鎖の脅威に晒されている訳だ。
放射能はいわば大量破壊兵器で、目に見えない形で、証拠も残さず、じわじわと時間をかけて体をむしばむ。もし西日本で福島のような事故が起きたら、西からの風に乗って全国に拡がり、住む事の出来ない「死の島」になってしまう可能性もある。地震多発国の日本で「もう起こらない」保障はどこにもないのだから。

編集長の広河隆一さんは、久米島に保養センター「球美の里」(シンボルマークは宮崎駿さん)を作り、被爆したり、今も汚染された地域に住んでいる子供達を島に呼んで健康回復させる為のプログラムを実践しています。そこで子供達が自ら撮った写真も展示されていました。
お母さんの「慢性鼻炎になった息子を球美の里に連れて行ったら、それまで夜中に息が止まる程詰まっていた鼻が通ってスースーと寝息をたてていた。適度な湿度や綺麗な空気で体がクリーンになったのでしょう」という言葉が印象的でした。
久米島の海洋深層水のお風呂や、清浄な海や空気が体を浄化するというのは実感できます。
写真展の最後の部屋にはユーモラスな動物達の、思わず笑ってしまう写真が展示されていて、少し救われた気分になって会場を後にしましたcoldsweats01

130819_0090001

雅子さんと参加したシンポジウム『もうがまんできない』(詳細資料)では、満席にも拘わらずキャンセル待ちで別室が一杯になる程の人達が集まりました。私もそうですが、原発を取り巻く現状を知りたいと思う人が沢山いるのだと思いました。

130819_0110001

会を立ち上げた人達は、作家の広瀬隆さんや、原子炉設計者で元国会事故調査委員会委員の田中三彦さんなど、皆古希を迎えながら真実の追求の為に奔走している10人。
命を顧みず、警戒区域の中で放射能のモニタリングをしに行きその報告をしてくれました。(詳細はDAYS JAPAN9月号に掲載)
DAYS JAPANを定期購読して、これからの情報に注目したいと思いました。

movieUstreamでの映像はコチラmovie

2013年8月15日 (木)

八ヶ岳の隠れ家と老犬ダンディ

ブログは写真が命。
なのに、私は写真を撮るのが下手。
それで、写真家宮崎雅子さんのフォト教室に参加する為に八ヶ岳へ行ってきました。
前日に泊まったのは、ガーデンコテージポリアンナ。3千坪の森とガーデンの中に佇ずむペンションで、離れを含むお部屋はたった7室。

130802_0850001

前室とベッドルームに分かれているお部屋にはテレビも時計もなく、お客さんは皆、静かな時間を楽しみにきているようです。大きなホテルや旅館にありがちな喧騒とは無縁の、ゆったりした時間が流れています。

130802_0950001 130802_0720001

良く手入れされているお庭にはオブジェもあり、とっても素敵。森の境界には鹿が入ってこないように柵がしてあります。美味しそうなお花やハーブが沢山咲いてますものねcoldsweats01

130802_0910001 130802_0930001
ヤマギボウシ                 ハクサンフウロ

130802_0810001 130802_1020001

お食事は、別棟のログハウスコットンウイードで。小鳥の囀りを聴きながらウッドデッキで頂く朝食はとても贅沢でした。

130802_1000001

空を見上げると、涼やかな葉っぱが拡がっています。木は地球の肺なのねconfident
お食事も美味しいし、オーナーが帰り際に写真を撮って送ってくれたりしてお気に入りの宿になりそうです。ここで、美炎さんのライブと雅子さんの写真教室を同時開催出来ないかななどと、妄想が膨らみますcoldsweats01

130802_1140001

130802_1110001_2 130802_1190001

会場のエコラの森に向かおうとすると、老犬ダンディの世話をしていた娘から電話。様子がおかしいから帰ってきてと涙声。雅子さんとハグだけして、車を飛ばしながら帰りました。
血尿が1週間続いて一時は駄目かと思いましたが、今はスイカと高栄養の美味しい缶詰食べて元気を取り戻してます。
なので、私の写真は下手っぴなままフリーズ(笑)

宮崎雅子さんが出展しているフォトジャーナリズム祭が、横浜レンガ倉庫で開催されています。動物、赤ちゃん、福島、世界の戦場…。様々な角度で「いのちの地球」を考える写真展です。是非行きたいと思います。

bud いのちの地球(ほし)に生きる bud

2013年8月16日(金) ~ 28日(水)
横浜赤レンガ倉庫1号館2階
12:00~18:00 (金曜、土曜は19時まで)
入場料 大人500円(高校生以下、70歳以上の方、障がい者無料)
TEL  045-211-1515

チラシはコチラです。

美炎さんの新しいCDが出来ました。
購入、詳細はコチラまで

130814_1890001

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »