« 指宿 ~ウミガメの産卵跡を発見 まさかのテレビ出演~ | トップページ | 久米島 song by TINGARA »

2013年6月14日 (金)

霧島 ~アカショウビンの森と巨木の原生林~

前後しますが、綾町から次に向かったのは霧島。
ナビが誘導してくれたのは、県道なのだけれどすれ違うのが大変な山道。
途中、小さい鹿のような生き物や、カピバラ(?)みたいなケモノが横切り、そのたんびに車を停めてカメラを向けるという面白い道中でした。(残念ながら撮れずdespair)
霧島神社をお参りして泊ったのは、部屋から桜島が一望できる霧島温泉の旅行人山荘
5万坪の森の中にあって、早朝散歩ではアカショウビンがすぐ傍で鳴き交わす場面に遭遇。鹿も恋の季節らしく、せつない声で相手を探してます。お邪魔でしたかねcoldsweats01

130601aya_1680001_2 

森の中に点在する露天風呂は45分の貸切り。鹿も姿を見せるというお風呂は風情たっぷりspa
私達が入ったのは赤松の湯。ひとりひとつの湯船につかるのはなんとも贅沢。夜だったので、風でざわめく森が不気味で落ち着かなかったけど。coldsweats01
さすが歴史ある霧島温泉。湯量がとても豊富で、宿に向かう道路脇では側溝に源泉が惜しげもなくたれ流し。湯気がモウモウしてました。

130601aya_1950001

宿のロビーではカナダやアラスカの動植物の写真展が開催されていて、とても印象的だったので、写真家に同行したというスタッフの方とお喋りしました。
綾町から来たと話すと、霧島にも樹齢数百年の巨木のある学術的にも貴重な照葉樹の原生林があるという。これは行ってみるしかない! 

130601aya_3480001

130601aya_3570001

時間がなくて奥の方までは行けなかったけれど、もののけ姫の森のような雰囲気を醸し出していました。
お風呂で親しくなった地元の方から、お薦めと言われて行ったフラワーパークかごしまでは、南国の花が咲き乱れていてとてもカラフルでした。

130601aya_2330001
開聞岳とジャカランダの木

130601aya_2300001 130601aya_2400001
ジャカランダ                    ヒシバデイコ

130601aya_2840001 130601aya_2850001
ヒスイカズラ                    ブラックキャット

帰りはジェットスターで成田へ。逆噴射しないで止まったのにはたまげた。バスみたいに暫く滑走路を走る(笑) 
荷物を持ってタラップを降り、バスに乗り、ターミナルに着いてもエスカレータのない階段を上がり延々と歩くのは高齢者にはつらい。
でも安い(5,490円)! 羽田より近い! 色んな所へ気軽に行けるのは魅力gawk

130601aya_3610001

秋山眞和先生が、沖縄久米島で染織工芸展を開催します。
オープニングセレモニーでは、美炎さんの馬頭琴コンサートもあります。

bud 美しい空と海
bud 自然の恵みを織りあげた、美しいお着物
bud 自然の声を奏でる、美しい美炎さんの調べ…


梅雨の明けた沖縄久米島の自然に抱かれに行きませんか。

          「秋山眞和染織工芸展」in 久米島
             ≪with 馬頭琴ライブ≫

1:目的
    本展では、秋山眞和氏の珠玉の染織工芸作品を一堂に展示し、久米島紬の染織
   技法向上並びに観光振興・地域活性化に寄与する。

2:開催日時
   平成25年7月6日(土)~7月14日(日) 7月8日(月)は休館
   時間 9:00~17:00  
 

3:関連行事
   7月6日(土)
   オープニングセレモニー
   時間 13:30~14:00
   場所 久米島博物館ロビー

   秋山眞和氏お話の会
   時間 14:00~15:00
   場所 久米島博物館ロビー
   講師 秋山眞和氏

   美炎馬頭琴コンサート
   時間 15:30~17:00
   場所 久米島博物館ロビー

   
4:展示内容
   秋山眞和氏作品(絣織り、花織り、貝紫染め、藍染め)

5:主催・後援・協賛
   主催 久米島町ミュージアム活性化協議会(久米島町教育委員会、久米島博物館
   久米島紬事業協同組合、久米島紬保持団体、久米島町観光協会、久米島町産業
   振興課) 

   後援 久米島町

« 指宿 ~ウミガメの産卵跡を発見 まさかのテレビ出演~ | トップページ | 久米島 song by TINGARA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 指宿 ~ウミガメの産卵跡を発見 まさかのテレビ出演~ | トップページ | 久米島 song by TINGARA »