2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 綾ツアー①~手作り、ほんものにこだわる綾町の暮らし~ | トップページ | 指宿 ~ウミガメの産卵跡を発見 まさかのテレビ出演~ »

2013年6月 8日 (土)

綾ツアー② ~草木、藍染め 匠の技に触れる~

翌日は一日工房で、草木染めと藍染めの体験作業です。雨で草木染めの材料を採取出来なかったので、先生がお茶の葉を用意して下さいました。
藍染めの染料が出来る工程を教わったり、柄を出す様々なやり方を教わってから、それぞれのやり方で作業します。

130601aya_0800001 130601aya_0850001
左 桑の葉 右 発酵後の「すくも」       つまんで、紐で縛って

130601aya_0870001 130601aya_0890001
左 お茶の葉で煮ます
右 色定着の為媒染液で処理後。 媒染剤によってこんなに違うのは驚き

煮る時間、媒染剤の種類や濃度など、先生に全てお任せ。サーモンピンクのような色を出したかったのだけど、その通りの色になってびっくり 先生は化学反応を操るマジシャンcoldsweats01
次は藍染め。藍の入った甕(深さ1m以上だそう)の並ぶ工房。ここで作業します。

130601aya_1060001


_mg_4521001 _mg_4625001
左 浸けてすぐは緑色     右 空気に触れたり、洗うと酸化して鮮やかな青色に。

_mg_4594001 _mg_4515
左 絞ってネットに入れた状態で染めて、ほどき、洗ったところ
右 派手だったので、少しずつ又浸けてグラデーションにして完成したTシャツ
  サッカーチームのシャツは是非藍染めでと思う。殺菌、消臭、防虫作用もある事だしwink

130601aya_1150001

翌日は、工房内を見学。藍染めを体験した後なので、タペストリーの柄をどうやってだしたのか、高度な技術に皆信じられないとため息。

130601aya_1200001 130601aya_1310001
貝紫染めの糸                 藍染めの糸

130601aya_1330001 130601aya_1380001

先生自らコースターを織って下さいます。 設計図の説明。細かい!!! shock
日本古来の小石丸という蚕を育て、糸を紡ぎ、織っているのですが、糸が細いのでとても大変な作業。お着物の縦糸は、1400本~1600本もあるので、セットするのに1週間かかるそうです。

130601aya_1390001
この小さい1マスが20本だってgawk

12611_1880001
帯です

12611_1940001
糸が細いので、見る角度によって変わる色

130601aya_1000001 130601aya_1120001
イナバウアー練習中の天蚕くん(蚕の原種)、繭の色はこんなです。白は小石丸。

桑を育て、蚕を育て、糸を手紬ぎして、天然の草木や藍、貝で染め、織るという気の遠くなるような工程で作られる秋山先生の作品。綾の美しい自然が育む匠の技を体験した貴重な旅でした。
宮崎においでの際は是非、寄ってみて下さい。

綾の手紬染織工房 (ネットショップもあります)

宮崎県東諸郡綾町大字北俣4186  電話 0985-77-0156

« 綾ツアー①~手作り、ほんものにこだわる綾町の暮らし~ | トップページ | 指宿 ~ウミガメの産卵跡を発見 まさかのテレビ出演~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 綾ツアー①~手作り、ほんものにこだわる綾町の暮らし~ | トップページ | 指宿 ~ウミガメの産卵跡を発見 まさかのテレビ出演~ »