2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 最北の島 利尻、礼文島へ ~利尻島のサイクリングロード~ | トップページ | マミーポコダンディ »

2012年8月10日 (金)

最北の島 利尻、礼文島へ ~コンブとワカメちゃん~

利尻島の南、仙法志御崎公園には海産物の直売所があって、沖でとれた昆布を干していたり、とろろ昆布に加工しているお店がありました。

1282_4110001
コンブ漁 写真は島の北、富士野園地の沖合。向こうに見えるのは礼文島

花に誘われて公園の磯を下りて行くとイケスがあり、なんとゴマフアザラシがいます。
民宿も営んでいるみさき物産というお店が飼っていて、エサを100円で買って会いに行きました。

1282_3120001
1282_3140001

おばちゃんに 「名前はあるの?」 と聞くと 「コンブとワカメ」。 なんともまあ…coldsweats01
バフンウニも食べました。ウニには雄と雌がいて、雌の方が色が濃くて濃厚だそう。
でも、普段新鮮なウニなんぞお目にかかれない私にはどちらも美味しかった。

1282_3240001

泊った宿からは利尻山が見え、天気が良ければ満天の星空が見える筈でしたが…。

1282_0360001

風に吹かれながらの露店風呂は最高でした。このお風呂、小さいのでお客さんと色々なお話で盛り上がったのが楽しかった。兵庫から時々車中泊しながらやってきたご夫婦。お孫さんとポン山を登って来たというおばあちゃまなど。

1282_0400001

最高気温20度位。日本で一番涼しいであろう島でのひと時を満喫しました。

帰宅すると、イギリス人の英語の先生がブログを見て、日本の自然の多様性に感銘を受けたとメールをくれました。
世界に類をみない素晴らしい自然なのに、日本人はその価値に気づいていなくてモッタイナイとも。3月の沖縄、今回の利尻・礼文。同じ島なのに、本当に違います。
そう言えば、島を旅している外国の方が結構いるのには驚きました。私はそんなに沢山の国を訪れた訳ではありませんが、訪れる場所で自然の姿がこんなにも違う国は他にないような気がします。

1282_2790001 7月末だというのに紅葉が

日本は 『カムイミンタラ (アイヌ語で「神々の遊ぶ庭」) 』 なのかも知れません。
神様の箱庭のような日本の自然を守っていく事は、日本人の使命のような気がしました。

吉永小百合主演、11月3日から上映される 『北のカナリアたち』 は、利尻・礼文島が舞台です。

1282_4580001
最終日にやっと姿を見せてくれた利尻富士

1282_4570001

« 最北の島 利尻、礼文島へ ~利尻島のサイクリングロード~ | トップページ | マミーポコダンディ »

コメント

JUN姫さん

利尻・礼文は若い頃の僕を鍛えてくれた場所で、とても懐かしいです。

高2夏に3週間の北海道自転車旅行の際、両島に初めて立ち寄って、自転車でいろいろ周ったり、利尻岳まで10時間以上かけて往復したり、自分に自信のついたイイ経験でした。
スカイ岬は、今も変わらない色なんですね。 安心しました。

それから北海道が好きになって、大学中は何度か、自転車や登山で訪れ、雪のある3月に2回ほど利尻岳まで山スキーで登山しました。
書かれていた様に利尻山頂はラピュタのようで、初回は、八合目くらいで猛吹雪になって、雪洞を掘って1,2日やり過ごしました。
途中の穏やかな地形と違って、山頂だけ風雪で浸食された荒々しい風景に神聖さを感じましたし、そこから見る眼下の風景はまさに空から見ているようでした。
夏は登山者の多かった利尻岳も一緒に行った相棒以外誰とも会わず、利尻の山頂からの眺めは独り占めで、今でもその光景と大陸から吹く風と雪の白さは新鮮な感覚として心に刻まれています。

山頂往復の際に山頂直下で雪の中に埋めておいた不必要な装備をカラスに荒らされ、未開封のチョコフレークだけ綺麗に食べられてしまいました。
さすが北海道のカラスは恐るべしです。

その時に撮った写真を探したら、PCにありましたのでUPしてみました。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=375491579184000&set=a.375491452517346.82433.100001694826161&type=1&theater

思い出すままに、まとまり無く書いてしまい失礼しました。
記憶の引き出しを開けてくださりありがとうございました。

のやまびとさん
凄いsign03 貴重なお写真、有難うございます。
のやまびとさんのルーツを垣間見たような気がします。
若い時に最北の冬の利尻岳を制覇した経験は、貴重ですね。
雲海に浮かぶ利尻山を空から見つけた時、ピーターパンのネバーランドにやってきた気分でした。
利尻山では、週ごとに変わるお花が斜面に咲き乱れるとか。
強風、極寒に耐えて咲くお花達を、サイクリングしながら見られる贅沢を味わってきました。
今はのんびりと野鳥がさえずる草原も、冬はきっと凄まじい風が吹き荒れるのでしょうtyphoon
島に行くと大抵猫が沢山いるものですけど、この島ではあまり見かけませんでした。
さすがに冬が寒いのと、カラスやウミネコにやられてしまうのかなと。
カラスって、冬にそんなに高い所まで来て生きているんですね。凄い!
チョコフレーク、カラスくんにとっては大ご馳走だったでしょうねrestaurant
最後にチラッと見せてくれた利尻岳の山頂をアップしました。
のやまびとさんが、このてっぺんにいたのですね。そんでもってスキーでshock
9月の馬頭町の棚田でお会い出来るのを楽しみにしています。
北海道旅行のお話を是非聞かせて下さいwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最北の島 利尻、礼文島へ ~利尻島のサイクリングロード~ | トップページ | マミーポコダンディ »