2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

2012年8月24日 (金)

マミーポコダンディ

(注) 今日の話はシモネタです。カレーパン食べながら読まないで下さい。

ダンディ14歳。この頃足が弱くなって、立ち上がるまでに時間がかかるようになった。
おまけに同じ場所に不自然な格好で留まるのが、とっても大変。
ホラ、和式トイレ。頑張ったあとは立ち上がるのが大変です。(若者にはわかるまいgawk)

なもんだから、トイレにたどり着く前に落としながらウン○して歩く事が多くなった。
私は、アレアレ~と言いながら拾って歩く(笑)
夜中にトイレに起きる時は、ライト片手に落ちているかもしれない地雷を避けながら歩くcatface

Dscn16880001

この間は、娘の部屋で包みごと盗み食いしたキャンディーで、天罰が下った。thunderthunder
それで、滑って立ち上がれなくなるので部屋中に敷き詰めたカーペットが大変なことに…coldsweats01
掃除するのと、ダンのオシリ洗うのとどっちが楽か…計算してわかったのはオシリ洗う方。
で、薬局に走ってマミーポコパンツ(大)を買ってきた。

Dscn16900001 シッポの切り込み入れてみた

Dscn16870001

ペット用の紙おむつは超高いので、これはいける。

Dscn16930001_2

でも、気持ちだけは元気なので、ボール投げろとうるさいthink

12611_0110001 ←ティッシュケース

ところで、君は何をしているのだgawk

bud お知らせ bud

美炎さんが、栃木県那珂川町の棚田で馬頭琴コンサートをします。
Dscn1692

詳細はコチラまで

2012年8月10日 (金)

最北の島 利尻、礼文島へ ~コンブとワカメちゃん~

利尻島の南、仙法志御崎公園には海産物の直売所があって、沖でとれた昆布を干していたり、とろろ昆布に加工しているお店がありました。

1282_4110001
コンブ漁 写真は島の北、富士野園地の沖合。向こうに見えるのは礼文島

花に誘われて公園の磯を下りて行くとイケスがあり、なんとゴマフアザラシがいます。
民宿も営んでいるみさき物産というお店が飼っていて、エサを100円で買って会いに行きました。

1282_3120001
1282_3140001

おばちゃんに 「名前はあるの?」 と聞くと 「コンブとワカメ」。 なんともまあ…coldsweats01
バフンウニも食べました。ウニには雄と雌がいて、雌の方が色が濃くて濃厚だそう。
でも、普段新鮮なウニなんぞお目にかかれない私にはどちらも美味しかった。

1282_3240001

泊った宿からは利尻山が見え、天気が良ければ満天の星空が見える筈でしたが…。

1282_0360001

風に吹かれながらの露店風呂は最高でした。このお風呂、小さいのでお客さんと色々なお話で盛り上がったのが楽しかった。兵庫から時々車中泊しながらやってきたご夫婦。お孫さんとポン山を登って来たというおばあちゃまなど。

1282_0400001

最高気温20度位。日本で一番涼しいであろう島でのひと時を満喫しました。

帰宅すると、イギリス人の英語の先生がブログを見て、日本の自然の多様性に感銘を受けたとメールをくれました。
世界に類をみない素晴らしい自然なのに、日本人はその価値に気づいていなくてモッタイナイとも。3月の沖縄、今回の利尻・礼文。同じ島なのに、本当に違います。
そう言えば、島を旅している外国の方が結構いるのには驚きました。私はそんなに沢山の国を訪れた訳ではありませんが、訪れる場所で自然の姿がこんなにも違う国は他にないような気がします。

1282_2790001 7月末だというのに紅葉が

日本は 『カムイミンタラ (アイヌ語で「神々の遊ぶ庭」) 』 なのかも知れません。
神様の箱庭のような日本の自然を守っていく事は、日本人の使命のような気がしました。

吉永小百合主演、11月3日から上映される 『北のカナリアたち』 は、利尻・礼文島が舞台です。

1282_4580001
最終日にやっと姿を見せてくれた利尻富士

1282_4570001

2012年8月 8日 (水)

最北の島 利尻、礼文島へ ~利尻島のサイクリングロード~

利尻は周囲60キロの島。時間があれば自転車でまわる事も可能です。
そのうち全長25キロには自転車専用道が整備されていて、野塚方面の森林コースと、沓形方面の草原コースに分かれています。
丁度中間にある宿泊した宿で自転車を貸してくれたので、サイクリングを楽しみました。

1282_0060001 1282_3780001
起伏のある山道の森林コース         平坦な草原コース 利尻山や礼文島も見える

道の脇には高山植物が
1282_2760001 1282_0120001
クルマユリ                      オオウバユリ

1282_3910001 1282_2180001
エゾフウロ                      エゾトウヒレン

1282_4250001 1282_2880001
キタノコギリソウ                   タチギボウシ(南浜湿原)

1282_2890001 1282_3080001_2
ノリウツギ                     エゾミソハギ

沢山の花の間を涼しい風を感じながら走ります。
途中、森の中で桑の実をほおばっているエゾシマリスに遭遇。手を真っ赤にして夢中でお食事。近づいても逃げません。コマドリも鳴いていましたが、姿を見つける事は出来ずweep

1282_2570001

姫沼では、オシドリの親子に会いました。
1282_0250001 1282_0260001

アオサギどんも、餌を物色中(南浜湿原)
1282_3030001_2

草原を走っていると、目の前を鳥が飛び交います。(富士野園地の辺り)
1282_4080001
ノビタキ(雌)

1282_4380001
マキノセンニュウ

そして、草原コースの途中にはウミネコの営巣地がありました。
1282_3560001

1282_3630001

ウミネコとオオセグロカモメ
足の色が黄色いのがウミネコ。ピンク色がカモメ 大きさは同じ位
1282_3550001 1282_3200001

オオセグロカモメも、海岸の崖で子育て中。
1282_3340001 1282_3280001
ゴマシオ頭が可愛い。狭い崖から良く落ちないもんだ 右はオオセグロカモメの幼鳥。

そばには熊が? 寝熊の岩
1282_3430001_2

2012年8月 6日 (月)

最北の島 利尻、礼文島へ ~花の島、霧の島礼文~

さいはての北の島。利尻、礼文島へ行ってきました。

1282_4630001_3
手前が利尻島。向こうが礼文島。

利尻島に着くと、山は雲に覆われてあまり見えず。空には面白い雲が…。
1282_0440001
風が強いのに、渦巻き状の雲も下のキントンウンのような雲も同じ場所に留まっています。ラピュタの龍の巣のよう。高山植物が平地で見られる島だけあって、山の天気です。

1282_0780001
翌日は、フェリーで40分のお隣の島礼文島へ。港の裏山にある桃岩登山口からゆっくりお花を見ながら3時間位かけてハイキングしました。

1282_1030001 桃岩

生憎の霧模様。おまけに風も強いshock
お花のシーズンはこんな天気が多いのだそう。海抜0mから高山植物が見られるのは、雲のような霧や強風の天気が山と同じような環境だからだそうです。

1282_1540001
尾根を歩く草原の道の周りにはお花がいっぱい。

1282_1530001

1282_1220001
エゾカワラナデシコ(ピンク)とカラフトゲンゲ(紫)が崖に

風が吹いている~♪ 僕はここで生きていく~♪

1282_1310001
レブンウスユキソウ

1282_1190001_2 1282_0830001_2
エゾウメバチソウ               イブキトラノオ

1282_1120001 1282_1140001
ツリガネニンジン               カラフトゲンゲ

1282_0270001  1282_1470001
キンミズヒキ                 ミソガワソウ

1282_0860001 1282_0900001 
チシマワレモコウ               エゾカワラナデシコ     

1282_0840001 1282_0110001_2
エゾノシシウド                エゾニュウ

レブンアツモリソウは時期外れでしたが、高山植物園で見る事が出来ました。

1282_1850001

コースの終点知床でバスを待っていると、地元のおばちゃんが港に行くからと車に乗せてくれました。助かった~ happy01

翌日は車を借りて、最北限のスコトン岬や澄海岬へ
1282_2000001
スコトン岬 昔はサハリンと陸続きで、高山植物もその時の名残りだとか。

1282_2100001
澄海岬(スカイ岬) 天気が悪かったけれど、海の色が綺麗でした

お昼はウニ。ウニの殻むき体験の出来る場所があり、おにぎり位の大きさのムラサキウニ2個(小さめだからと2個におまけしてくれた)が500円でした。
1282_2250001_3

礼文島からの利尻富士を見る事が出来なかったのが残念でした。

1282_3880001
利尻島から見える礼文島

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »