2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月13日 (水)

綾ツアー ~綾の大自然~

宮崎空港から車で60分程。日本最大の照葉樹の森が残されている綾町。この森、一時は伐採の危機もあったそうですが、秋山先生はじめ地元の人達の努力で残されているそうです。今回の旅のもう一つの楽しみは綾町の自然です。

12611_1620001
つり橋から見た照葉樹の森

夜は日没と共に蛍の夕べ。行く前に先生からひと言。「点滅しない蛍はヘビだから、気をつけてね」 ひえ~shock
カジカ蛙の涼やかな声に聞き入っていると、ちらほらと見えてくる源氏蛍。
それが時間と共にどんどん増えて、クリスマスツリーのように。隣にいる美炎さんが「目を細めて見ると宇宙にいるみたい」とつぶやきます。
本当です。漆黒の宇宙に漂いながら、星々の瞬きを眺めているよう。そのひとつひとつが短い小さな命だと思うと何やら切ない気持にもなってきます。
震災でなくなった人達の魂の輝き…そんな気持ちにもなっていました。
昨年の新燃岳の噴火でこの辺りも降灰があったと聞きますが、災害にも負けずに蛍達はいつもと変わらない輝きを見せているのかと思うと、その強さにも感動したのでした。

12611_0770001 12611_0930001

朝は4時に起きて、夜明け前の森に出かけます。フクロウの声と共に聞こえてくるのはアカショービンの透明な声。鶯の声もこだましています。

12611_1060001
早朝、車の前を横切る猿や鳥

昼には綾照葉大吊橋(あやてるはおおつりばし)を渡り、照葉樹林の中をハイキングしました。この吊橋。高所恐怖症の私には心配の種でした。なにせ長さ250m。高さは142mもあるのですcoldsweats01 でも渡らない事にはハイキングが出来ません。

12611_1610001

ところが、恐る恐る渡っていると橋の「下」を猛禽類がすーっと飛んでいきます。
飛んでる鳥の背中が見えるなんてsign03
そこで好奇心のスイッチオンしちゃった私。橋の真ん中では下を撮影する余裕も(笑)

12611_1640001

無事渡り終え、上から落ちてくるというヒルを心配してフードを被って歩いていると、美しい声が聞こえてきます。
ツキヒホシホイホイホイnote サンコウチョウ(月日星で三光鳥)です。
こうなったらフードなんか邪魔。耳をダンボにして声を楽しみましたconfident

12611_1970001
工房の上を飛んでいた鷹 (ヘビを捕まえた?)

短い時間なのに、こんなに沢山の生き物に会えるなんて、感動でした。

2012年6月11日 (月)

綾ツアー ~草木染め、藍染め体験~

日本古来の在来種でありながら、糸が細く機械化に向かない「小石丸」という蚕を復活させ、伝統的な手法で染めや織りをされている秋山眞和先生の宮崎の工房に行ってきました。
市ヶ谷の先生のお店が会社に近い事もあり、時々作品を目にしていた私。
先生と懇意にしている寅さん企画の体験合宿(?)綾ツアーに、数年前から参加したいと思いつつ病気やら何やらで叶わず。やっと今年実現!バンザ~イcoldsweats01
綾の手紬染織工房では、桑の栽培~養蚕~製糸~染織~織りまで全て手仕事
その工程の一部を体験するのです。

今回の草木染めは、桑の葉染め。まずは、桑畑に行って桑の葉を刈ります。
蚕が食べる桑の葉っぱ。みずみずしくて美味しそう。でも虫が食べている様子なし。農薬が使えないのになぜ?と先生に聞くと、土が健康で桑自身が元気だと虫に負けないのだとか。その代わり、みみずや葉っぱを食べにイノシシや鹿が来るので電機柵が張り巡らされていました。元気な桑の葉を育てる所から始める…なんと大変な作業でしょうsign03

12611_0280001_2 12611_0350001

桑の葉っぱを煮だしている間、先生に模様をつけるための括りの作業を教わります。

12611_0360001
ゴムで括ったり、糸で縫って絞ったり…。

12611_0620001_2

桑の葉っぱで染めた後は脱水機にかけた後、媒染作業。
手前がチタン。向こうは銅。同じ桑の葉染めなのに、随分色合いが違います。
この作業は、温度や時間など微妙な作業の為、先生にお任せ。

12611_0660001
その後、良く水洗いして縛っていた糸をほどきます。

2日目は、藍染め。工房の天然灰汁発酵建て藍染は綾町重要無形文化財に指定されているそうで、秋山先生の手ほどきを受けながらの体験はとても贅沢。なお且つ、先生の「愛」の籠った「藍」heart02を使わせて頂くのはちょっと緊張です。
藍に布を浸し、空気が入らないようにそっと中でなじませて取り出すと、綺麗なモスグリーン色。ところが空気に触れたり、水に漬けると綺麗な藍色になります。

12611_1540001

12611_1570001
染め→洗い→染めを繰り返すたびに色が濃くなります。最後に洗って乾燥。

私は生成りのブラウスの裾にビーズを包んで糸で結び、襟はジグザグに縫ってから絞りました。一枚1500円のブラウスが大変身 happy01scissors

Rimg00040001_2 Dscn09880001
ステッチがいい加減な所が私らしい(笑) スカーフは地模様のある物を使用

桑で染めた絹のスカーフは、太陽の下ではキラキラと輝く黄金色。でも派手さはなくて、藍染めとベストマッチ。いや~楽しかったconfident

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »