« 沖縄 ~美味しい時間~ | トップページ | 震災から一年の被災地 ~気仙沼、大島~ »

2012年4月16日 (月)

震災から一年の被災地 ~陸前高田~

震災から1年。
私達家族のルーツでもある東北を旅してきました。
仙台へ帰郷する前に訪ねたのは気仙沼の友人。
ボランティアをするでもなく訪ねる事になるけれど、それでもいいのだろうかと話すと
兎に角来てくれたら嬉しい。忘れて欲しくない。今の現状を見て欲しい」という。
挨拶もそこそこに彼に言われたのは、「隣町の陸前高田を見て来て欲しい」という事。
気仙沼中心部から走り出すと、すぐに見えてきたのは巨大な船。反対側を見ても海がどこにあるか分かりません。

12416_1340001_2
地盤沈下の為、道路はかさ上げされています。
12416_1380001

12416_1910001
献花台で写真を撮らせて下さいと祈りました。

周りは土台を残した更地になっています。
船のすぐ脇では母子が花束をたむけ、お線香をあげていました。
一年経ってガレキが片付けられた町は臭いもなく、往時を知らない者にとってはここに沢山の人達の営みがあったという事が想像できない位何もない風景です。
母子の後ろ姿を見て「観光気分で見に来る」という事が本当に許されるのだろうかという思いにとらわれます。
しかし、ここは水産業と観光で成り立っている町。
復興やボランティアの人達でにぎわっている間はいいけれど、その後の事を考えると目的が何であれ、被災地を訪れ海の幸を食べ、お土産を買うという行為は復興の為になるのだと自分に言い聞かせます。
そして、訪れた人が「今の被災地の現状を周囲の人達に報告する事」は、関東では関心が放射能関連に移っている今、大切のように思うのです。心を寄り添う事はできます。
なので敢えて写真を撮り、報告する事にしました。

12416_1490001

陸前高田の町に入ると、不適切な表現かもしれませんが「まるで爆心地のよう」で目を疑いました。駅があり、市役所があり、学校があった町とは思えません。
海との境は、大きな黒い土嚢が堤防の代わりに積み上げられている事でわかります。
地形の関係から陸前高田の津波は30メートルを超えた所もあり、地盤沈下が激しく、堤防をどうするかという事もあって、復興が進まないといいます。

12416_1620001 市役所

建物があっても近づいてみると…。

12416_1530001
12416_1540001
12416_1670001
陸前高田ユースホステルと奇跡の一本松

一年経って、やっとガレキが片付けられ、主要道路ができたという現状でした。
つづく…。

« 沖縄 ~美味しい時間~ | トップページ | 震災から一年の被災地 ~気仙沼、大島~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄 ~美味しい時間~ | トップページ | 震災から一年の被災地 ~気仙沼、大島~ »