« ふかふかベッドの材料は | トップページ | ダンナ しり、やばいっす »

2011年2月14日 (月)

白鳥の田んぼと大キライチョコ

千葉ニュータウン印西の田園地帯を走っていると突如現れる白鳥の湖、いえ田んぼ。
19年前の冬、農業用排水工事の為田んぼに水を張っていた所へ6羽の白鳥が飛来した事をきっかけに始まった餌づけが成功し、今では秋~冬にかけて白鳥の越冬地になっていますriceball

11214_0420001

2月13日に訪れた時には、1230羽もの白鳥が羽根を休めていました。時折数羽で空中散歩したり、羽根を拡げてダンスを踊ったり。
くず米などの餌は、訪れた人達に無料でふるまう甘酒に対する寄付で賄われているとか。

11214_0450001

11214_0520001

寒~いシベリアからやってきて、栄養をつけ、『春一番』と共にシベリアに帰っていく白鳥たち。ここは白鳥達にとって、第2の故郷。グレー色の幼鳥も、長い旅をしてここまでやってきたのでしょうね。
思わず浮かんでくるのは、TINGARAの『WATARIDORI』notes
今はのんびりしている鳥さん達ですが、旅立ちの日は迫っています。無事にシベリアに帰れる事を祈りたいです。

家に帰ると娘がチョコ作り。イケメン、ナルシストの元カレがせがむので、仕方なく作ったというチョコ。

11214_0710001

今は義理チョコとは言わず、ともチョコと言って女の子同士でもあげるのだとかgemini
バレンタインチョコはしりの中学時代。明治の板チョコをドキドキしながら机の中にしのばせた遠~~いあの日confident

11214_0360001_2

« ふかふかベッドの材料は | トップページ | ダンナ しり、やばいっす »

コメント

いや~、元カレにチョコですか・・・
何だかオカシクないかい?
世の中変わったのかな?

ところで、義理・・いや、ともチョコありがとうね。

ひでおさん
お互い、彼女彼氏がいるので「ともチョコ」なんでしょうね。
欲しいと言う方も、あげる方もどうかしてますcoldsweats01
あまりの出来の良さに、親子で思わず大笑いしちゃいましたが。
母は、「とんがらし忘れなかったわよね?」ってつっこんどきました。
今度はフツーのチョコにしときました。
ちょっとつまらなかったかしら。ちっgawk

なんと心の広い(〃^∇^)o_彡☆
私は「自分チョコ」です。
そらあもう、でっかくてうまそうで私が男だったら
「こんな欲しいでー」というのを選んで買いました。
もちろん、ラッピングもとびきりです。

撫子ままさん
この季節、美味しそうなチョコが乙女心をくすぐりますもんね。
ラッピングといて、チョコを頬張るままさんの幸せそーな顔が浮かびます。隣りには、撫子ちゃんとトンちゃんが…。
私の場合、「こんな欲しいで~」というチョコを買って「一応」夫に渡してからダンディやポンタと一緒にジーッと見つめます。eye
すると、チョコは私のお腹の中に…scissors
こういうの、何チョコって言うのかしら。やっぱ自分チョコ?(笑)

TINGARAの音楽を試聴しながら、脳裏に浮かんできたのがこの創作バレエでした。一度ご覧になってください。

http://www.youtube.com/watch?v=lZti-l6GqqQ

ひらり!さん
曲、聴いて下さったのですね。有難うございますnote
なんとしなやかで美しい動きでしょう!!
白鳥が人間に変身して踊っているようですね。素晴らしいです。
数羽の白鳥が、突然、鳴き交わしながら羽根を拡げてダンスを踊っているような仕草がとても優雅で綺麗でした。
その時の光景が浮かんでくるようです。confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふかふかベッドの材料は | トップページ | ダンナ しり、やばいっす »