2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月23日 (木)

鳥さんがこない訳は…?と、お花いっぱい

今年も残りわずかになりました。
一年間お世話になった方達に、春にお世話になった南房総のカーネーション農家『真花園』さんからお花を贈る事にしました。(その時の様子はコチラから)
5月に私達が摘み取った後のお花はすべて刈り取られ、土作りをして新たに植えて大事に育て、この時期又販売を始めるのです。

101223_0030001_3

今回私が選んだのは、白が基調なのだけれどシックな色合いが素敵な「黄色~グリーン系」。射し色のオレンジとピンクがきいて、とても綺麗です。

101223_0090001

送られてきた花は25本のハズ。でも、うそです。40本以上も入ってますよ。なんともまあですcoldsweats01
ところで、毎年冬になると楽しみなバードウオッチング。去年は、こんなとこまで鳥さんが来てました。

100121_0150001

ところが今年は、閑古鳥が鳴いてます。gawk
原因は…。

10111_0230001_2

10111_0080001

ちなみにポンタは、お花も好きです。食べるのが。shock

2010年12月13日 (月)

民族楽器で世界旅行

日曜日は、自由が丘のアンフリーギャラリーでとても素敵なコンサートがありました。
ギャラリーオーナーのミチさんが創作活動を始めて30周年という事で、皆さんお祝いに駆けつけたのでした。

101213_0050001

出演したのは、

美炎さん (モンゴルの馬頭琴&ピアノ竹井さん)
室井三紀さん (日本の筑前琵琶)
青木義人さん(ギター)
カテリーナさん(ウクライナのバンドゥーラ)
大由鬼山さん(日本の尺八)
風神雷神(鬼山&藤川清)さん(尺八&ジャンベ)

民族楽器が奏でる音を聞いていると、その国を旅しているような贅沢な気持になってきます。
美炎さんの、モンゴルの草原を馬で走っているような馬頭琴の調べ。
室井さんの昔語りは、一気に昔の日本にタイムスリップしたかのよう。
青木さんのギターは、学生時代の若い私を思い起こさせます(笑)
尺八とジャンベという異色の組み合わせは、ギャラリーの空気を一変させアフリカの大地へ。
なぜか温度があがり、奏者と一緒に皆さん汗だく。
そして、今回印象的だったのは、ウクライナの民族楽器バンドゥーラを演奏し、唄ってくれたカテリーナさん。

バンドゥーラは、ギターとハープを合わせたような楽器で、なんと63弦もあるそうです。
ウクライナは森と湖が美しい国。バンドゥーラの静かな調べはウクライナの澄んだ空気を運んできてくれたようでした。
きよしこの夜を全員で合唱した後、奏者全員で奏で、カテリーナさんが歌ったアメージンググレース。
楽器を通し、それぞれの国が国境を越えて一つになったような幸せな気分になりました。

note美炎さんのコンサートが12月27日(月)にありますnote

場 所 美浜文化ホール 音楽ホール 京葉線検見川浜駅徒歩8分
時 間 開場 7時 開演 7時半
チケット 予約3000円 当日3500円 高校生以下1000円割引

お問い合わせは美炎さんのHPより

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »