2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 映画『阿弥陀堂だより』の里と、馬曲温泉 | トップページ | 民族楽器で世界旅行 »

2010年11月 8日 (月)

芸術の秋 ~マーケタリー、草木染絹織物展、木版画展~

すがすがしい秋晴れの土曜日。
歩行者天国になっている銀座中央通りを歩きながら、芸術の秋を堪能してきました。
最初に立ち寄ったのは、宮川かず美さんのマーケタリーの個展。
薄い木を組み合わせていく象嵌という手法を使って描いた絵画です。

Rimg05800001

色も柄も、すべて『木』の個性を生かしたもの。着色はしていません。木がこんなに多彩な表情を見せるなんて驚きですsign03

Rimg05830001_3Rimg05840001_3
着物の柄は、木の流れるような木目で表現されています。

次に向かったのは、和光ホール6階で13日(土)まで開かれている染織作家秋山眞和さんの、小石丸・藍・貝紫 ―織の彩り―染織展。

Rimg05850001_2Rimg05870001_2

昔ながらの小石丸という種類の繭で糸を紡ぎ、染めは伝統的な藍染めや、有明海で採れる貝から抽出した紫色の貝紫染めという、日本古来の伝統にこだわった美しい着物や帯の展覧会です。
着物には星のような地紋があり、角度をかえて見ると美しく色を変化させます。自然から抽出した色合いは、日本人の心になじむとても繊細なもの。着物というよりは、芸術作品として眺めていたいような素晴らしい作品の数々でした。
藍染めの原料である『すくも』(『藍』という植物から作る)をつくる藍師は、合成染料に押され今では片手の指で数えられるほどしかいないそうです。シルクも国産は激減しているそうで、日本の伝統芸能を守っていくのには大変な御苦労があるだろうとお話を伺って思いました。think

そして、最後は京橋にあるIsland Gallery

Rimg05890001_2
睦稔さん(左)と、ギャラリーオーナーの石島さん

沖縄の版画家名嘉睦稔さんの、カレンダー原画展が開かれているので行ってきました。
この日は睦稔さんのサイン会があり、沢山のお客さんがいらっしゃっていました。
今回の原画展には、NHKの「アースウォッチャー」という番組で、月周回衛星『かぐや』が撮影した、「月からの地球の出」を見ながら睦稔さんが彫った作品、「大地球寿(ことほ)ぐ」という作品も展示されています。
神様や生き物たちが、青い地球を愛おしそうに守っているように見える作品。自然と共に生きてきた睦稔さんの優しさが溢れている作品ですheart02
素晴らしい作品に触れ、睦稔さんにお会いして、元気を沢山頂いた一日でした。

bud 名嘉睦稔カレンダー原画展~ 琉球の風 ~ bud
11月3日(水・祝) ~ 20日(土) ※会期中無休
OPEN / 11:00-19:00
Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1

« 映画『阿弥陀堂だより』の里と、馬曲温泉 | トップページ | 民族楽器で世界旅行 »

コメント

芸術三昧の一日だったのですね~。
大地球寿具の事も素敵にご紹介いただき嬉しいです。
ボクネンさんは無事に沖縄に帰られました。
とても楽しかったとおっしゃってました。

mikiさん
土曜日は有難うございました。
睦稔さんは、大きな太陽を背にどっしりと立っている大木のようですね。
私達は、作品というボクネンさんの苗木を頂いた里親のようで…。
だから初めてお会いしても、他人のような気がしないのかも知れません。
あそこでお会いするのは「里親の集い」なんてねcoldsweats01
元気なボクネンさんにお会いできて、本当に嬉しかったですshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『阿弥陀堂だより』の里と、馬曲温泉 | トップページ | 民族楽器で世界旅行 »