2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 神去なあなあ日常 | トップページ | 秋の森は賑やか »

2010年9月23日 (木)

『くじけないで』

毛深い家族達の背中も丸くなる秋。

Dscf03690001

友達の薦めで、98歳の柴田トヨさんの処女詩集『くじけないで』を読んだ。私のお気に入りは、この一篇だ。

貯 金

私ね 人から
やさしさを貰ったら
心に貯金をしておくの
さびしくなった時は
それを引き出して
元気になる

あなたも 今から
積んでおきなさい
年金より
いいわよ

1人暮らしでも、沢山の人達に支えられて生きている事を感謝するトヨさん。このウイットはたまらない。

私の母は87歳。トヨさんと一緒で、耳も目も悪いし、普段食べている物でも 『これ何ていうの?初めて見たわ。珍しいわね。へえ~ どうやって食べるの?』 などと聞く。
認知症になると記憶力や判断力は衰えるけれど 「感情」 はとても豊かなのだという。
母も車に乗せると、「あっ、お花が咲いている! 綺麗ね~!」とか、へえ~を連発で、まるで小さい子供のようだ。
英語で母のようなお年寄りを 『second childhood』 と言うらしいけれど、うなずける。confident
でも、子供と違い、積み重ねてきた経験や知識が豊富で、プライドやこだわりがある分、一筋縄にはいかない。私の方も、自分が母親になった気分で母に接するのに抵抗もあるのだ。

Dscf03740001
母がデイサービスで作ってきたウサギさん。
和裁の内職をしてきた母は、どんな気持ちで作ったのだろう。

昨日は、母がテレビの画面に帯が出て見づらいというので電気屋さんに行き、新しいテレビを買い、アンテナ工事の予約をしてきた。
『古いテレビは引き取って貰うから』 と言うと、『あんたはなんでも捨ててしまうのね。今に私も捨てられちゃうかも』 と口をとがらせる。angry
戦争世代で、モノを捨てる事に抵抗があるのは分かるし、説明しても理解できないから、いくら言い訳した所で母の気持ちを静めるのは難しい。『それじゃ、とっておこうね』 と言って安心させる方が、母にとっては良いのかもしれない。
でも、トヨさんみたいに、ニコニコ顔でいつも感謝の母親だったらいいのにと思ってしまう私。これも病気のセイと我慢するしかない。
そんな母だけれど、本が好きで 『文芸春秋』 を毎月読んでいる。なので、この詩集をプレゼントした。
『どうだった?』と聞いたら 『字が大きくて読み易かった』だってgawk
私も 『くじけないで』 頑張ろう。
母はきっと私以上に、トヨさんのように毎日頑張って生きている筈だからchair

« 神去なあなあ日常 | トップページ | 秋の森は賑やか »

コメント

ううううーーーーん、考えさせられますよね。

98歳で1人暮らし出来る人って、生きている過程で何が
他の人と違ったのでしょうね。羨ましい気もしますが、
やはり特別な生命力を与えられた人と思います。

うちのおばあちゃんもとてもパワフルで素敵な人だったけど、
84歳で私の事がわからなくなりました。

老いは必ず来るもの。
JUN姫さんのお母様は87歳でお元気で何よりに思います。
そのお年でJUN姫さんを認識されているのは、すごいと思います。
感情が豊かな分だけ、喜怒哀楽が本当にはっきりしてますよね。

憎ったらしくなる時もありますが、ご愛嬌と言う事で。
息抜きにまた三婆会やりましょう♪

感謝できる自分になりたいと思いつつ
ついつい思い通りにならないとプンプンしている自分がいる
あ~~~あ~~~~~やだやだと自己嫌悪
いくつになったらトヨさんのような心境になれるかな。

我が家の毛深い家族も玄関から布団へ移動しました。

mikiさん
うえ~ん、mikiさん早速コメントありがと。
今日もね、肩や腰が痛いというから、保険でマッサージしてくれる所に電話してきて貰うことにしたら、『昔は子供や孫が年寄りを揉んだもんだわ』だってーgawk
揉んでなんかやるもんかあ(笑)
親戚には、自分の娘だからそんなワガママ言えるのよと言われとりますが。
mikiさんが来るのが待ち遠しくて、『首がツルみたいに長~くなった』と仰ってたおばあちゃんのお話を思い出します。
「わからなくなる」というのは、悲しいですね。
憎まれ口叩けるだけ元気なんだと思わなくちゃ。
mikiさん貯金、ちゃりちゃり~ん。まいど。heart02

撫子ままさん
私も、なんで自分の母親の悪口言ってんねん!(←文法あってる?)
て自己嫌悪になりますわ。coldsweats01
私も母に対して感謝の言葉をあまりかけてないかも知れません。
時間が短い分、今言っておかないといけないかな。
トヨさんみたいになるのには…まだまだ若いかしら(笑)
いつまでも愛らしい三婆でいたいよね。
頭の中で、撫子ままがフラダンスしてる姿が浮かんだわ。
いつかデイサービスで、フラダンスとリボンレイを教えてね。note

お久し振りです。
撫子ままさんのブログで以前お邪魔しましたアリママです。
両親とも、とっくに見送った私なので、じーーーんとしてしまいました。
父は79歳、母は72歳でこの世にお別れしました。
2人とも決して長生きとは言えないと思います。
母は認知症になる事もなく天国へいきました。
父は、入院中のある時に姉が『自宅に帰るのではなくて老人ホームへ行く話しがあって本人の承諾がないと申し込めないの。』という話を父にして、それがショックで生きる希望を無くして認知症への道へころげおちてしまいました。
私が病院に見舞いに行った時、『もういいんだ、、、もういいんだ、、、』とベッドに横たわったまま私の前で泣きました。
やはり父の年代の人にとって家を持つ、家を建てる、というのは人生そのものだったんですよね。
姉を責める事も出来ず、ただただ人間の言葉や心ってこんなに繊細なんだ、、、と知りました。
JUN姫さんのブログ記事を読んで色んな事を思い、色んな事を思い出しました。

アリママさん
コメント有難うございます。happy01
年を重ねて生活がシンプルになっていくと、毎日同じ事の繰り返し。
でもこの慣れ親しんだ事が大事なんですよね。母は新しいことは覚えられないけれど、習慣づいている事は変えられません。安心できるからなのでしょうね。
お父様がお家に帰れないと思って気を落としてしまったのは、安心できる場所がなくなってしまう不安感からなのでしょう。
いつまでも自宅で暮らせたら幸せだけれど、なかなか難しいですよね。
介護する側も、子供に手がかかったり、自分が老いたり。
お父様は今頃、お母様と仲良く天国で暮らしておられる事でしょう。
きっとアリママさん達に感謝していますよ。
皆さんにコメントを頂いて、母が元気でいる事に感謝しようと思いました。有難うございます。heart02

 いつまで続くんだあ~!!と思ったりもしますが、
一生一緒にケンカしているもんだと、思っていた利用者達が、
3年、5年、長くても10年先には、状態が変わっている。
いなくなってる。

 この頃しみじみ気づきました。
短気な私がちょっぴり遠くまで見通せるようになってきたのは、
やっぱり歳ですかねcoldsweats01

mikolaさん
ケンカできる相手がいるというのは、利用者さんも幸せですね。
憎まれ口叩くのも、甘えているからですもの。
受けとめる方は大変ですけどね。coldsweats01
mikolaさんは我慢強くなってきたんですよ。
私はこんな年でも毎日短気おこしてます。
もっと大人にならなくちゃ、だわ(笑)
コメント有難うございます。
貯金また増えちゃいました。嬉しいheart02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神去なあなあ日常 | トップページ | 秋の森は賑やか »