« 空中回廊と三婆 | トップページ | エクボの値段 »

2010年3月16日 (火)

どんぐりおばさん ~久留里植え付け~

今年に入って初めての久留里の植え付けに行ってきました。
ドングリの会が今まで植林してきたのは、静岡県富士山(9ha)、静岡県小山町(2ha)、埼玉県秩父(1.5ha)、群馬県霧積(2ha)、茨城県くぬぎ平(3.5ha)などですが、千葉県の久留里は日本郵政との協働で10ha、ドングリの会単独で2ha、全部で12haもあります。
これだけの広い土地は国有林、県有林共に全国的にも珍しく、なかなか提供されないそうで、国との契約で3年以内に植え付けを完了しなければなりません。
今年は2年目。昨春植え付けをした苗は全部で1,600本で、定着率99%。初めて私達が植えた苗もどうにか順調に育っている様子でホッとしました。これも、下草刈りなどのメンテナンスを日常的に行っている育林隊の皆さんのお陰です。
山の中腹にあるベースキャンプからは、土砂の採掘場がすぐ目の前に見えます。山(森)を切り崩して採掘された土砂は、羽田空港の新滑走路建設の為に使われるのだとか。全国で空港が作られるたび、こんな風に山が切り崩されているのでしょうか?

10314_0130001

国は針葉樹しか植えた経験がなく、広葉樹の森を作る為の分収造林契約というのは珍しいそうですが、材をとりたい国と、豊かな森を育てる事で自然を守りたい私達とのコンセプトは違います。
目先の利益にとらわれず、広葉樹の森が水を蓄え、川を綺麗にし、海に栄養を送り、CO2を吸収し、動植物を育てるという自然のサイクルの大切さに、目を向けて欲しいものです。
林野庁の指導で企業が植え付けをした場所には、ヒノキが植えられていました。(植えるのは「楽」そうですが coldsweats01 )

10314_0180001 

植えたのは、コナラ、クヌギ、桜、カツラなど27名で470本。育林隊の5歳と14歳のお孫さんもいて、おじいちゃんと一緒に一生懸命にスコップを持ち斜面を歩き、穴を掘っている姿が可愛いかったです。heart02
東京で切り倒される運命だった大きな桜の木も、救われてここに来ましたよcherryblossom

10314_0060001_2

今回は娘と、娘のお友達も参加。お昼にスタッフの皆さんが作ってくれたなめこ汁は絶品でした。happy02

10314_0160001

10314_0020001

春のスケジュールは下記です。

4月11日(日) 群馬県霧積 植樹

4月25日(日) 千葉県久留里 植樹

4月29日(木) 三鷹どんぐり畑 苗畑の整理

植樹は、いずれも新宿よりバス便あり。要予約往復1000円。

詳しくは ドングリの会 bud 電話 03-3423-7155 

« 空中回廊と三婆 | トップページ | エクボの値段 »

コメント

27名で470本ということは…単純計算しても1人17本強植えたことになりますね!
スゴイ!!ありがとうございます。
何もせず、ただ日記を読んでいることがとても申し訳なく感じます。
肉体作業の後のなめこ汁は美味しいだろうなぁ~と想像が膨らみます。
今は母の体力が衰弱してきているため、いつになったらスケジュールが合うかまだわかりませんが、いつかきっと参加したいと思います(^-^)

1,600本で、定着率99%は素晴らしいです。(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
なにごとも大事なのは基礎と愛でしょうか?
ポンタくん、どうしても手を貸したいらしいので
なんかさせてあげてください。たとえばなめこ汁をかき回すとか。。。

大変な作業ですよね。お疲れ様でした!
広葉樹を植えたっていうのが素晴らしいですね。
針葉樹だけじゃ、山も、それから近くの川も海も健康にならない。
今回植えたクヌギやコナラは、すくすく育って、誰にとっても貴重な財産になってくれますねsun

フェリーチェさん
丁寧に正確に植える人もいれば、ダイナミックにどんどん植える人もいて、性格やら体力やら人それぞれの所が面白いです。
初めての昨年はムキになって植えてましたが、今年はたまに切り株に腰かけ、「おお~あの飛行機、成田に向かっているんだわあ」なんて余裕こいて、というかさぼりながら植えてましたbleah
なめこ汁、本当に美味しかったですsign03
お母様、心配ですね。私も、出来る時だけの参加で、のんびりやってます。いつかご一緒出来たら嬉しいです。gemini

撫子ままさん
>なにごとも大事なのは基礎と愛でしょうか?
それそれ。ちゃんと植えないと定着しないし、ほっぽりっぱなしだと雑草に負けたり、鹿に食べられちゃったりね。ある程度自立できるまでは、見守るのが大事なようで…。think
今回は頑張ってお弁当作っていったのだけど、撫子ままに教わった手羽先料理、好評でした~scissors
ポンタに聞いたら、なめこ汁の中ににぼしが入ってたら、かき回してみたいとの事でした。で、手羽先がご褒美だったらもっとやる気になるそうです。木のてっぺんで、見張り番もやってみたいそう。
次回は是非、連れて行きたいと思いますsign02

風露さん
ここの場所は、以前ヒノキの人工林でした。
植え付けする時、根っこが沢山あって大変と想像していたのですが、拍子抜け。針葉樹は広葉樹に比べ、横に根を張らないようなんです。
手入れをされずに放置された、鉛筆みたいな針葉樹林(一番上の写真)が崩れ易いのはその為なんだなあと思いました。
ほっぽりっぱなしの針葉樹林が沢山あるのに、又針葉樹を植える意味ってなんだろうと思います。『「材」がとれないような、のびのびと育った広葉樹が育つように頑張りましょう』というスタッフの言葉に心の中でエールを送ってました。punch
この山が森になる頃、私は空の上の人ですが(笑)、孫たちが遊びに来て、きのこ採りやお花見が出来るような森になってくれたら嬉しいです。shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空中回廊と三婆 | トップページ | エクボの値段 »