2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月23日 (水)

TINGARA 「眠れぬ夜に~Meditation」 配信開始

私の大好きなヒーリングユニットTINGARAが、インストゥルメンタル曲を集めたコンセプトアルバム『眠れぬ夜に Meditation』を発売しました。
収録曲は、これまでradio TINGARAのBGMや映像作品のバックで使った曲など、全10曲49分36秒です。
今のところCDへのパッケージ化の予定は未定で、viBirthでのダウンロードのみの配信ですが、疲れた体と心に染みいる癒しの曲ばかり。

『眠れぬ夜に Meditation / TINGARA』


価格:1,600円(wav)
    1,200円(mp3)

賑やかなペット達も、曲をかければたちまち眠りに落ちますsign02

091128_0090001 なかよし

091223_0020001_3

091223_0040001_2

右にある試聴機で、聞いてみてねnote

2009年12月13日 (日)

馬頭琴と琵琶の風の道コンサート

友達に誘われて、馬頭琴と琵琶の弾き語り屋外コンサートに行ってきました。「レラ・ルー風の道コンサート」 が行われたのは、千葉県の八街という所。広大な草原のような、すすきが原をバックにした、大きな桜の木の下がステージです。

091212_0030001_2 091212_0060001 

美炎(みほ)さんの奏でるモンゴルの楽器馬頭琴は、胡弓のような繊細で悲しげな音を響かせたかと思うと、馬が草原を駆け抜けていくような野性的な力強さも感じさせてくれるとても魅力的な音色がします。
雨あがりの青空と、冬とは思えない暖かい日差しの中、のびやかな音色に聞き入っていると、時折風が木々を揺らし、鳥が気持ち良さそうに飛んでいく姿が見えます。

091212_0100001

アンサンブルの軽やかな演奏を聴いていると、ステージの後ろの草原を馬達が風にたてがみをなびかせながら、競うように走っていく姿が目に浮かぶようでした。
自然が演出なんて、なんて贅沢なんでしょうsign03
美炎さんの作った「風と空のうた」 (試聴できます) は、風の吹き抜けるこの場所で生まれたそうです。
弾き語りをしてくれたのは、筑前琵琶奏者の室井三紀さん。宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」や、「ひのきとひなげし」。小泉八雲「若返りの泉」の物語など、女優でもある室井さんの情感の籠った語り口にはとても惹きつけられました。
馬頭琴と共に、筑前琵琶を見るのも初体験。薄い本体に開けられた穴はとても小さく、どこからあんなに力強い音が響いてくるのか、とても不思議でした。

091212_0090001_2 091212_0080001 

演奏のあとは、手作りのお料理でおもてなし。

091212_0140001_2 091212_0110001   

心もお腹も大満足の一日shine
美炎さんのライブは、渋谷や自由が丘(アンフリーギャラリー)でも行われているそうです。
夫で、モンゴルでも有名な馬頭琴奏者のチ・ブルグッドさんとの演奏もあります。
満開の桜の下で開かれるコンサートには、又是非出かけてきたいと思いました。cherryblossom

美炎さんのHP notes

http://www.miho-batohkin.jp/j/

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »