« どんぐりおばさん ~久留里地拵え~ | トップページ | サッカー大好き犬 »

2009年10月13日 (火)

どんぐりおばさん ~ドングリ畑で知る森の循環~

昨日は、三鷹のドングリ畑へ。
今回は伸びた苗木の剪定と、落ち葉を使った堆肥の手入れ作業です。

091013_0140001_2  091013_0050001 
どの枝を切ったらいいものやら…coldsweats01

何本にも枝分かれした苗木は、山へ運びやすいようになるべく一本に伸びるように剪定します。
秋色になったトノサマバッタくんが、枝になったつもりになってます。足元では茶色のトカゲくんが、チョロチョロと必死に逃げて行きます。

091013_0100001

剪定した後の枝や葉っぱは、穴に集めて糠と一緒に混ぜこみます。
落ち葉プールの葉っぱが発酵すると、腐葉土のプールになります。

091013_0090001 091013_0080001 

虫や微生物が葉っぱを分解し、土にしてくれてます。
時々糠を入れて混ぜ合わせ、空気を入れて発酵を促します。

091013_0170001 091013_0160001
真っ黒で栄養たっぷりの土  トチの実

そんな作業を繰り返し土に還った腐葉土を、プランターに入れてドングリを播きます。
見事な循環 recycle
森では、こんな作業が自然に行われているんですね。
ここでは、乗馬クラブから分けて頂いた馬糞が肥料になるのだけれど、森では動物や鳥のフンが肥料になり、虫が土を耕して…。
広葉樹の森がなぜ豊かなのか、こんな小さな畑からでも学ぶ事が出来ます。ここは都会の子供達にとって、身近に森の循環を学ぶ良い場所だと思いました。

091013_0180001 091013_0150001
ドングリ畑で採れたドングリ達と、久留里の倒木で作ったベンチ

セミの声と、モズのキチキチいう声が入り混じった秋のドングリ畑は、爽やかな風が吹いてとても気持ち良かったです。

ドングリの会bud http://www.dongurinokai.or.jp/ 

« どんぐりおばさん ~久留里地拵え~ | トップページ | サッカー大好き犬 »

コメント

三鷹に来てたんですね。遠くまでお疲れ様です。
こうして手を入れることで立派などんぐりの森に育っていくのですね。
 
剪定した後の枝や葉っぱと糠で良質の肥料ができるとは知りませんでした。
我が家の肥料は撫子のチッコです。

撫子ままさん
撫子ちゃんのチッコであんなに沢山ゴーヤがとれるなんて、今度ドングリ畑に散歩に来て下さ~いwink
昨日はサルーキの子犬君も遊びに来てました。スリムでびっくり。
野川に遊びに行ったついでに葉っぱを拾ってきて、お庭の隅で腐葉土にしてゴーヤ作ったらもっと大きなのが出来るかも。でも伸びすぎて困っちゃうかな。
60メートル道路って、すごい構想ですね。路地が京都みたいで、静かな雰囲気がとっても素敵なのに…。友達も安らかに眠れなくなりそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どんぐりおばさん ~久留里地拵え~ | トップページ | サッカー大好き犬 »