« 夏の思い出 ~動画~ | トップページ | どんぐりおばさん ~ドングリ畑で知る森の循環~ »

2009年9月28日 (月)

どんぐりおばさん ~久留里地拵え~

日曜日は、久しぶりに久留里の森へ。
来春植林する場所を、下草を刈りとって整備する地拵え(じごしらえ)の作業です。今回は娘も手伝いに来てくれました。
背丈程にも伸びてしまっている、アカメガシワやトゲトゲが痛いタラの木、ウルシ科なので気をつけなくてはいけないヌルデなどを大鎌や手ノコで刈り取る大鎌班。
これまた背丈以上に伸びて森のようになっている笹を、手鎌で刈り取って行く手鎌班に分かれます。

09927_0050001 09927_0080001
ヌルデ 背丈程のものも  木のようになったアカメガシワ

09927_0060001_3 09927_0130001_4
勇ましいsign02   笹は、刈り取った後の切り口が鋭いので慎重に。 

作業を始めて一時間も経たないうちに、夫がカマで太ももをケガ。
スタッフの方に処置をして頂いて血も止まっていたのだけれど、娘を残して一応病院へ。
一時過ぎに戻り、「作業する~!」と言い張る夫を車に残しcoldsweats01、娘と二人でお喋りしながら笹を刈ります。
小さい体ながら、長年バスケをやって鍛えていた娘は淡々と作業をこなしてます。1人でお弁当を食べていた時、ウリボウ(イノシシの子供)を見かけたとか。
「で、なんで久留里に来ようと思ったわけ?」
『楽しそうだったから』
「やってみて、どうよ?」
『岩盤浴みたい』
「??」
『汗だくになって段々つらくなってくるんだけど、終わった後の爽快感がたまらないsign03
「なるほど~flair

09927_0150001 お疲れ~

Sn3j09540001_2 Sn3j09620001_2
ビフォー              アフター

帰りに寄った道の駅。夫はこの格好でウロウロ。お~いsign01
「包帯だから大丈夫」って、包帯に見えないんだけど… gawk
「全然痛くないから平気」と、運転して帰りました。
春に植林した時は、こんな作業があったなどとは露知らず。
森を作る作業は、大変ですけどなぜだか気持ちいいです。

ドングリの会bud  http://www.dongurinokai.or.jp/

« 夏の思い出 ~動画~ | トップページ | どんぐりおばさん ~ドングリ畑で知る森の循環~ »

コメント

ご主人の怪我大事に至らずよかったですね。
草刈、見てると楽しそうだけど、実際やると大変ですもんね。
刈った後を見ると、達成感と爽快感が、こちらまで感じられました。

mikiさん
本人やる気満々で来たのにあまり仕事出来なくて、不満そうでした(笑)
気持ちに体がついていっていないというか、フライングcoldsweats01
木を植えるのは簡単ですが、この作業は緊張感が必要と思いました。
目の前にあるブッシュがなぎ倒されて視界が開けると、やった~という気持ちになります。大がま振り回すのも、結構ストレス解消になるんですよ。無我の境地(笑)
ご心配をおかけしました。コメント有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の思い出 ~動画~ | トップページ | どんぐりおばさん ~ドングリ畑で知る森の循環~ »