2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 京都で鵜飼い | トップページ | ヒヨドリの子育て ~卵が孵った~ »

2009年8月14日 (金)

今度はのぞき見おばさん~盗撮開始!~

ヒヨドリが庭の大きな木蓮の木に巣を作った。
冬の間、毎日あげているリンゴを食べに来る常連さんなのか、カラスや猫が来るたびに大騒ぎして追い払うダンディをリサーチしての事なのかは不明。
いつもキーキー賑やかなヒヨドリが、声もたてずに鬱蒼とした木の中に出入りするようになったのは、8月1日の事。
小枝や木の皮のようなものをくわえて、出たり入ったり。でも、葉っぱが邪魔して全く見えない。それで、のぞき見おばさん、留守を見計らって葉っぱを数枚取り除きました。
そしたらナント、2階の窓1メートル程の至近距離に白いビニール紐のようなものが混ざった小さな巣が。。
大きな木なのに、わざわざ人間に近い場所を選んでいるみたいだ。
上から見ても、下から覗いても、全く見えない場所に上手に作ってある。

09814_0040001_2

ある朝、寝ぼけて窓から思いっきり巣を覗いたら、住人と目が合ってしまった。やばい!と隠れたのだけれど、それからパッタリ姿を見せなくなってしまった。weep
うえ~ん、のぞき見なんかしなけりゃ良かったと反省の日々を送っていたら、1週間後。
ヒヨちゃんが戻ってきた。そして、卵を産んで温め始めた。(それまで何してたの sign02

09814_0070001_2

暑くて風通しの悪い巣の中で、口を開けてハーハー息をしながら一日中じ~っとしている。
時々、キーキーッという声に呼ばれてお留守にする事があるのだけれど、オス(体の色が茶色っぽい)が餌をとってきて、外でメスにあげてるみたいだ。
今では慣れたのか、私が覗いても気にしなくなった様子。
でも、卵が孵るまでは我慢、我慢。そっとしておこう。

09814_0080001_2
どうか、カラスや猫に見つかりませんように…。bearing

« 京都で鵜飼い | トップページ | ヒヨドリの子育て ~卵が孵った~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都で鵜飼い | トップページ | ヒヨドリの子育て ~卵が孵った~ »