2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 屋久島 ~アラレに温泉に犬、鹿、猿~ | トップページ | メジロのさいそく »

2009年1月19日 (月)

屋久島 ~モッチョム岳とお庭拝見~

島の南部を走っていると印象的なのが、モッチョム岳
ちょっと変わった名前なのだけれど、地元では意味深な言葉だったりするらしい。
この山を真近に見られそうなので、『いわさきホテル』 へ行ってみた。
ホテルのロビーに入ると、大きな屋久杉のオブジェが。
汚い登山靴にリュック姿の私達は、場違いな雰囲気を漂わせていた筈。
しか~し、お客様が誰もいらっしゃらない事を幸いに、おばさん一行は堂々とレストランへ。
曇りひとつないガラスの向こうには、冠雪した山やモッチョム岳の荒々しい山肌が一望に見えます。

2280001

お庭には、ハイビスカスやブーゲンビリアが咲いていた。

1620001

ランチの後は、陶芸や木工のお店を覗いてみた。

1730001_2 2370001

恋泊にある陶芸のお店のご主人が、2千坪もあるお家を案内してくれた。
北側は山、南には海の見渡せる素敵なお庭のあるお家でした。
『2千坪と言っても、東京の一坪分の値段です』と、ご主人 coldsweats01
この辺りは、中心から外れているので、安いのだそうです。
それにしてもすごい眺望。う~ん、羨ましいぞ。

1740001

積雪で山へ行けなかった話をすると、屋久島は場所によって天気も気温も随分違いがあって、白谷雲水峡のある宮之浦の辺りは、雨が多くて冬は寒いのだけれど、南のこの辺りは晴れていることが多く、10度位の温度差があるとの事でした。
こんなに暖かくて良い天気なのに、通行止めなのが不思議です。

1750001_2 1330001

猿が夜になると食べに来るという、バナナやパパイアの木。
帰りに、「マザーリーフ」という名前でお店で良く売っている葉っぱを、おみやげに頂いてしまいました。水に浸しておくと、切れ込みの所から芽が出てくるそうです。
芽が出てくるのが楽しみ bud

F1000207

港の近くにある益救神社 

0860001

屋久島は、不思議で魅力的な島でした。

« 屋久島 ~アラレに温泉に犬、鹿、猿~ | トップページ | メジロのさいそく »

コメント

あら、山には雪が。気温はどうなんでしょうか?普通に寒いのかなぁ?気になります。

ざぶんさん
里の辺りは、東京と同じ位の気温でした。
(鹿児島県なので、鹿児島と同じ?)
但し、北と南では雲泥の差があって、宿のある北を出たときは上着を着込んでいたのに、南ではセーター一枚でウロウロ。
ここのご主人が、『冬になると、北陸のように雨ばかりで寒い北に住む島民は、お日様を見に南の方にドライブしに来るんですよ』 と仰ってました。真ん中に高い山があるので、こんな違いが出来るんですよね。
日本の縮図みたいで面白いです。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋久島 ~アラレに温泉に犬、鹿、猿~ | トップページ | メジロのさいそく »