2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

神宮の森に響いた「命の森協奏曲」

0001_3
明治神宮文化館で開催されていた、名嘉睦稔「命の森」展が、28日で会期を終えた。
春、プロジェクトが立ち上がってから5ヶ月。
若者達の熱気と行動力に圧倒されながらも、エネルギーを貰い、セミの初鳴きと共に通い始めた明治神宮。
睦稔さんの「想い」を共有したプロジェクトスタッフが、それぞれの持ち味を生かして自分の中の「命の森」を奏でた夏でした。

私達が、睦稔さんのメッセージにある「不思議な縁」で結えられたのだとしたらこんなに嬉しい事はありません。

突然の豪雨に客足が途絶え、大きな窓から空を眺めて「仕方ないよね」とお喋りを楽しんだり、外国からの観光客の方に、片言英語で感想を尋ねたり、長椅子で大作を眺めているお客様に話しかけてみたり…。
いろんな事が新鮮で楽しい時間でした。
フランスから来られた兄弟が、前日来てお金が足りなかったからと、再来場してお土産を買ってくれたのは嬉しかった。線のダイナミックさと命に溢れたカラフルな色合いが新鮮で、面白かったと言ってくれました。
ボクネンズスタッフの皆さんの気配りも、抜けてるおばさんをうまくフォローしてくれて本当に助かりました。
そして、声をかけた友人達が連れ立って訪れてくれて、私はシアワセモンです。
スタッフの皆さんも同じだったと思います。感謝しています。heart02
この夏、石垣島沖合いのサンゴ礁の70㌫がダメージを受けているという悲しいニュースを耳にしましたが、睦稔さんの描く森が、幻にならないように、身近な「命の森」を大切にする事から始めようと思います。
皆さん、お疲れ様でした。そして、有難うございました。
忘れられない夏になりました。
本格的な秋、淋しい週末になりそう。。。weep

「命の森」展のポスターやチラシのデザインを担当され、雑誌「沖縄スタイル」の写真も担当されているchojiさんの写真展が沖縄で開催されます。題して「神々の舞踏会」。
必見です。

 仲程長治 写真展~神々の舞踏会

 会 期:10月8日(水)~11月3日(月) 11:30-22:00 開催期間中無休
 入 場:無料 
 会 場:CAFE UNIZON
     http://www.cafe-unizon.jp/
     沖縄県宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
     Tel : 098-896-1060

2008年9月13日 (土)

八ヶ岳② 夫が、遭難?!

0120001_4
0160001
神様の版木

0140001
日の出と共に目が覚めた

リビングの真ん中のソファーでゆったり音楽を聴いていたら、思わずうたた寝してしまった。
目が覚めると、辺りは真っ暗。窓を開けるのも怖いような漆黒の闇。
ふと気がつくと、夫がいない。
二階を探してみる。いない。
玄関から外を見る。車はある。ダンディーもいる。
そう言えば、「釣りの出来る川はどの辺にあるの?」 なんて聞いていたっけ。まさか、川を探しに出掛けた?
ひとりで吹き抜けの広~いリビングの真ん中に立っていると、闇が窓を突き抜けて襲ってくるようだ。
音ひとつしない部屋。世の中に私ひとり取り残されたみたいな心細さ。
ここは標高1,500メートルの山の中。遭難?
捜索に出ようか? でも、どこを? 
行方不明の場合、保険金は降りるのかしら?などと、あらぬ事まで頭をよぎる。think
20分位、悩んでいただろうか。。。

0230001_2
ルンルンルンheart02 あしあとつけちゃうもんね~

0450001_2
パンは、ぱんぱん

突然玄関で音がして、夫がポサポサになった頭を掻きながら帰ってきた。
『やあ~まいった。まいった』
あのさ~ gawk 』
『車の中で寝ちゃったよ。 釣りの道具探してるうちにいつの間にか』
『この部屋、広すぎて落ち着かなくってさ。車の座席に座ったら、妙にしっくりきて。アハハ』
と笑いながら、部屋の隅っこにあるデッキチェアに寝転んで、「これ、いいよねheart01」 なんて、言ってる。
だからよ~ coldsweats01
確かにこの家のリビングは、私達の想像を超える広さ。
足を踏み入れた時、『お~~ ○△□※sign03 』 と感嘆し、二人と一匹でしばらくオロオロウロウロしてたのでした。penguinpenguinpenguin

0190001 0440001_7 ボクも隅っこ好き

2008年9月 8日 (月)

八ヶ岳① 先客はエイリアン?

0050001_2
だれかたすけて~

いつの間にか9月になり、このまま夏が終わってしまうのかと思っていたら、友達が 『ゆっくりしてきて~』 と、山荘を貸してくれた。
そこで、ダンディーを連れて行ってきました八ヶ岳。
山の空気はひんやりして、早くも秋の装い。
鳥の囀り以外は何も聞こえない。
リビングでのんびりしていると、何やらカサコソと音がする。
薪ストーブの煙突の中からだ。
夫 『鳥の巣でもあるのかな?』
私 『鳥だったら、ピーとかプーとか言わない?』 『????』

朝起きると、夫が 『ストーブの中にある袋の中に、アメーバみたいなもんがいるよ!』と言いながら、遠巻きに見てる。eye
覗くと、手袋の入った袋の中でうごめく黒い物体が…。
その物体は、つぶれながらも袋にしがみついて、ガサゴソもがいている。
夜の間に煙突から移動してきて、袋に頭をつっこんでしまったみたいだ。
 『よいしょ! よいしょ!』 無情にも、袋をふって振り落とす私。
出てきた奴は、耳がやたらと大きく、目がない不思議な生き物。
 『きゃ~何これsign01 変なの。エイリアンみたいsign02
興奮するおばさん。クンクン臭いを嗅ぐダンディ。警戒を解かない夫pig

0100001
私はケイタイストラップではありません。

落とされてテーブルにしがみついているのは、なんとコウモリなのでした。coldsweats01
目は見えていない様子で、指を鳴らすとそちらに顔を向けます。
あんまり動かないので触ったら、「ビビビッ!」 という超音波音を発して、木々の間を上手に飛んで行きました。
不気味だと思っていたコウモリくんは、以外とキュートなのでした。

0080001
エイリアンでもないですう。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »