« 原宿駅の裏に沢が?! | トップページ | 「海の森」刀で捕えられた海の生き物たち »

2008年8月11日 (月)

明治神宮散策ツアー

0001
レポートが遅くなりましたが、8月2日。明治神宮散策ツアーが廣瀬浩保宮司さんの案内でありました。
明治神宮が創建されたのは、大正9年。
それまでこの辺りは一面の畑や荒地で、御苑のある東門(井伊家下屋敷)近くに代々よりあった樅の大木が、品川沖の黒船の様子を窺う為に使われたという位、何もなかったそうです。(代々木の名前の由来)。
大正4年、日本や海外から10万本の献木があり、青年団の勤労奉仕で植林されて森が誕生したのだが、昭和20年4月14日に、空襲に見舞われ、創建当初の主要な建物は焼失。空襲の時は、本殿傍の防空壕に一時的に避難させていた御神体を、焼夷弾の降る中宮司さん達が総出で運んで難を逃れたそうです。

1.この鳥居は、一本の木で作られているそうです。

3000100130001_2

2.大木に巻きついた、見事な藤の木。
  実はこの大木、枯れてしまったのでコンクリートで作ってあるそ
  
うです。藤の季節は、とても綺麗だそう。

3000100190001

3.明治天皇が、体の弱い昭憲皇太后の為に作られたという、菖蒲
  田。都会の真ん中とは思えない静けさ。


3000100210001

4.清正井。冷たい水がせせらぎになって流れていきます。

F10001510001

5.廣瀬さんが、手水の使い方を教えて下さいます。

3000100240001

6.唯一、空襲による焼失を免れた建物。
  巫女さんが手作業をされていました。


3000100260001

7.ご神木の前で、お参りの仕方を教わりました。
  拍手の音が、すごく響くのにびっくり


3000100270001

8.睦稔さんが8年前にお篭りをして、作品を作った建物の近くで、
  「禊」の仕方を教わりました。
  皆で一斉に船を漕ぐような格好をするそうです。
  最後の深呼吸をやってみます。


3000100360001

9.宝物殿の前にある「たこの木」と言われる大木の傍で、
  アブラゼミが羽化してました。


3000100340001
広大な神宮の森。歩いていても、ゴミ一つ落ちていません。
スタッフの皆さんや、この森を愛する沢山の人達に大切に守られてきたのですね。

さて今週末、又睦稔さんが、サイン会をやります。

【作家来場サイン会】

日 時:8月16日(土)、17日(日)16時頃~
場 所:明治神宮文化館 宝物展示室
対 象:展覧会カタログまたは画集をお求めの方


「陸の森」の会期も、残り少なくなってきました。
睦稔さんの笑顔に会える最後のチャンスです!

« 原宿駅の裏に沢が?! | トップページ | 「海の森」刀で捕えられた海の生き物たち »

コメント

ツアーレポート拝見させていただきました!

奥深い、我々の知らない神宮の物語に、感銘を受けております。
一番うらやましいのは、やはり、神主さん自らに参拝の手ほどきを受けられたということでしょうか。正しいやり方って、なかなか教えてもらえませんから。

流石完璧なレポートですね。
文書の美しさ・写真の透明感・バランス・・・
清正井の写真では澄んだ水と流れる空気まで感じられますね。
見習わねば。。。最高!

ざぶんさん
宮司さんに直接お話を聞くなんてこと、滅多にありませんものね。
百発以上もの焼夷弾が降ってきたとか、戦後は進駐軍が沢山いて、お参りに来る方がとても少なかったとか、色んな歴史を経てきたのだと感慨深かったです。手水の使い方、参拝の仕方は、本当に勉強になりました。
廣瀬さんはとても気さくな方で、面白かったので又やって頂きたいです。

参加しなかった私は参加した方からいろいろ教えてもらってます
9月になったらまた企画してもらいたいですね
JUN姫 さんのレポートで予習もばっちりだし

寅さん
今回はカメラマンが同行してくれたので、お話に集中できました。
記憶力減退しているもんで、助かりました 
清正の井は、不思議な場所ですよね。
夏だというのに冷たい水が昏々と湧いていて、清々しい空気に包まれて
いて。紅葉の時期は、ひと際美しいかも知れません。
お気に入りの場所になりそうです。

撫子ままさん
ホント、是非やって頂きたいですよ。
教育係さんも、面白かったあ~と目をキラキラさせてました
「禊」の船漕ぎ、みんなで一斉にやると同じ船に乗っているみたいな気分になるらしいです。面白いですよね。どうして、船なんでしょう? 
廣瀬さんにも、ギャラリートークして頂きたいなあ・・・

うわーとっても素敵なレポートです!
何だか行った気になりました。

戻ってきた皆さんが、本当に良いお顔をして「楽しかった!」「良かった!」といっているのが印象的でしたので、羨ましかったのです。

でも、JUN姫さんレポートに満足。

カトサキさん
通り過ぎるだけでも素敵な場所ですけれど、歴史を知ってあの場所で展覧会を開催している事に誇りを感じてしまいました。
廣瀬さんのお人柄で、とても楽しいツアーになりました。
途中、観光客を巻き込んで、そのまんま手をつないで会場に連れてきちゃったりして…
第2弾をやって、カトサキさんも今度はご一緒しましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原宿駅の裏に沢が?! | トップページ | 「海の森」刀で捕えられた海の生き物たち »