2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

体中で自然を感じ取る睦稔さん

Photo

(手作りグッズで熱心に作品の解説をする渡辺さん。お話が面白くて、体が前の方に行ってしまう)

23日から始まった 『海の森』。
お魚博士の渡辺昌和さんが、「大礁円環」 の前で、海の生き物の解説をして下さった。
渡辺さんは、最初に睦稔さんの絵を見た時、とても衝撃を受けたと言う。図鑑に出てくる魚ではなく、海の中で生きている魚の生態そのものを活き活きと描いているからだ。
例えば 「ニモ」 で有名なクマノミ。種類によって共生するイソギンチャクが違うのだが、ちゃんと描き分けてあるそうだ。
図鑑では背びれを立ててあるマグロが、背びれをたたんで泳いでいたり、サンゴを食べているオニヒトデの上に、天敵の宝貝が覆い被さっていたり (近くのサンゴは白くなっている)。生き物達が、「いるべき場所」 に、「あるべき姿」 できちんと描かれているのだそうだ。詳細はコチラの映像で。
そればかりではない。この絵はとても躍動的で、前に立つと、魚達と一緒に渦の中に飲み込まれてしまいそうで、めまいがしてくる。
専門家も唸らす、睦稔さんの観察力は、どのように育まれてきたのだろう?

実は、今日30日と来月21日に上映される、オリジナル映像の中に少し秘密が隠されている。
この映像では、陸の森で展示された 『星の叢花(むらばな)』の制作シーンと共に、睦稔さん御自身が、生まれ育った伊是名島を紹介している。
命に溢れている伊是名島の大自然。睦稔さんは、お花を手に取り、そのヒダを「手で」見、匂いを嗅ぎ、口に入れる!
五感、いや六感までも全開にして、全身で生き物達の営みを自分の中に取り込んでしまう睦稔さん。
幼い子供が、触ったり、舐めたりして、全身で新しいものを確かめるように paper

ビーチサンダルで断崖をひょいひょい登り、「この花見せてあげたいのにな」 (誰も登れないから無理 coldsweats01 ) と言いながら、いたずらっぽい目をキラキラさせて笑う睦稔さん。
そんな素顔の睦稔さんを見られるのは、このオリジナル映像ならでは。
随所に散りばめられた、睦稔さんの言葉も素敵 heart01
9月21日の上映会には、睦稔さんと親交の深い、写真家でデザイナーの仲程長治さんのお話もあります。
どんなお話が飛び出すか、楽しみです。是非、ご参加下さい。

☆ これからのイベント ☆

8月31日(日)15時 海の森ギャラリートーク&奉納演奏
                             出演 : 長屋和哉(音楽家)

9月6日(土)16時半 海の森ギャラリートーク&新曲試聴会 
                             出演 : TINGARA

9月7日(日)13時   明治神宮の森散策 
               ガイド : 廣瀬浩保宮司
                (要予約 限定50名)

9月13日(土)15時 海の森ギャラリートーク 
               出演 : KNOB(音楽家)

9月20日(土)15時半 海の森ギャラリートーク 
               出演 : 渡辺昌和(魚博士)

9月21日(日)13時半 名嘉睦稔オリジナル映像上映会&トークライブ
              出演 : 仲程長治 イシジマヒデオ
              (要予約 限定200名 社務所講堂)
              予約は
コチラでチェック

いずれも、料金は入場料800円のみ。
ギャラリートークは予約不要です。

2008年8月20日 (水)

「海の森」刀で捕えられた海の生き物たち

3000100540001_2
(閉館後、睦稔さんのねぎらいの言葉に、スタッフ全員感慨無量。6時の閉門に間に合うか sign02 happy02

8月17日は、映画地球交響曲の龍村仁監督と、睦稔さんによるトークライブが行われました。
この企画は、展覧会の開催前にすでに予約を締切る程の人気で、キャンセル待ちの列が、開演の1時間以上も前から出来ていました。
その後のお二人のサイン会にも長蛇の列が…。
会場の外にまで出来た列に、外国からの観光客の方もびっくりでした。coldsweats01

睦稔さんが作品を制作しているシーンは、会場のプロジェクターで見られるのですが、映像を見たお客様は誰でも驚かれます。大きな版木に向かって祈り、墨をボトボト落としたかと思うと、下絵もなしにいきなり彫り始めるのですから。
司会のジャーナリスト高瀬さんが、「何かにつき動かされるように彫っているように見えるのですが…」と仰ると睦稔さんは、「僕にとって絵は、『獲物を捕らえる』 感覚に似ていて、刀は魚を捕まえる 『モリ』 のようなものなのです。」
魚を観察して、デッサンして、それを版画にする。というのではなく、漁師になりたかったという睦稔さんが、海に潜り 「追い込み漁」 をするなかで心に残った生き物達の営みが、シーンとなって目の前にあらわれ、それを刀(彫刻刀)で捕らえて、版木に閉じ込める…そんな感覚なのだそうだ。
23日から始まる 「海の森」 では、睦稔さんに捕えられた海の生き物達が、12畳大の「大礁円環」の中で乱舞している光景が見られます。
24日にギャラリートークをして下さる魚博士の渡辺さんも、睦稔さんの観察眼には驚かされると言います。これはもう、圧巻です。

Photo

30日(土)には、睦稔さんが案内する故郷・伊是名島や、上記の作品制作シーンを収録した90分のオリジナル映像の上映会を開催します。
今回が初公開です。
先着順限定200名様で、下記のフォーマットでお申込み下さい。

☆ 名嘉睦稔オリジナル90分映像上映会

日 時 : 8月30日(土) 13:30~15:00
場 所 : 明治神宮社務所 講堂
料 金 : 800円(展覧会チケット代金)
限 定 : 200名

お申込方法は以下フォーマットをお使い頂きメールアドレス online_shop@bokunen.com にご送信下さい。
受付完了の返信メールをお送り致しますので、当日はそちらをプリントアウトしてご持参ください。
又はお電話 03-3517-2125 でお申込みください。

【注意事項】

※ 先着順となります。定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
※ お申込みはお一人様ずつお願いします。
※ 入場料800円は当日の会場、社務所講堂受付でお支払いください。
展覧会の入場チケットと引き換えになります。

-------------------------お申込フォーマット----------------------

・件名「名嘉睦稔オリジナル90分映像上映会 参加希望」
・お名前
・お電話番号
・メールアドレス

-----------------------------------------------------------------

週末には、イベントも盛り沢山。
こちらは申込み不要ですので、是非足を運んでみて下さいね。

イベントスケジュール
8月23日(土)15時~  命の森ギャラリートーク 
           ゲスト : 上田壮一
                (
Think the Earthプロデューサー)
8月24日(日)15時~  命の森ギャラリートーク
           ゲスト : 渡辺昌和(魚博士)
8月31日(日)15時~  命の森ギャラリートーク&奉納演奏
           ゲスト : 長屋和哉(音楽家)

お待ちしていま~す happy01

2008年8月11日 (月)

明治神宮散策ツアー

0001
レポートが遅くなりましたが、8月2日。明治神宮散策ツアーが廣瀬浩保宮司さんの案内でありました。
明治神宮が創建されたのは、大正9年。
それまでこの辺りは一面の畑や荒地で、御苑のある東門(井伊家下屋敷)近くに代々よりあった樅の大木が、品川沖の黒船の様子を窺う為に使われたという位、何もなかったそうです。(代々木の名前の由来)。
大正4年、日本や海外から10万本の献木があり、青年団の勤労奉仕で植林されて森が誕生したのだが、昭和20年4月14日に、空襲に見舞われ、創建当初の主要な建物は焼失。空襲の時は、本殿傍の防空壕に一時的に避難させていた御神体を、焼夷弾の降る中宮司さん達が総出で運んで難を逃れたそうです。

1.この鳥居は、一本の木で作られているそうです。

3000100130001_2

2.大木に巻きついた、見事な藤の木。
  実はこの大木、枯れてしまったのでコンクリートで作ってあるそ
  
うです。藤の季節は、とても綺麗だそう。

3000100190001

3.明治天皇が、体の弱い昭憲皇太后の為に作られたという、菖蒲
  田。都会の真ん中とは思えない静けさ。


3000100210001

4.清正井。冷たい水がせせらぎになって流れていきます。

F10001510001

5.廣瀬さんが、手水の使い方を教えて下さいます。

3000100240001

6.唯一、空襲による焼失を免れた建物。
  巫女さんが手作業をされていました。


3000100260001

7.ご神木の前で、お参りの仕方を教わりました。
  拍手の音が、すごく響くのにびっくり
coldsweats01

3000100270001

8.睦稔さんが8年前にお篭りをして、作品を作った建物の近くで、
  「禊」の仕方を教わりました。
  皆で一斉に船を漕ぐような格好をするそうです。
  最後の深呼吸をやってみます。


3000100360001

9.宝物殿の前にある「たこの木」と言われる大木の傍で、
  アブラゼミが羽化してました。


3000100340001
広大な神宮の森。歩いていても、ゴミ一つ落ちていません。
スタッフの皆さんや、この森を愛する沢山の人達に大切に守られてきたのですね。

さて今週末、又睦稔さんが、サイン会をやります。

【作家来場サイン会】

日 時:8月16日(土)、17日(日)16時頃~
場 所:明治神宮文化館 宝物展示室
対 象:展覧会カタログまたは画集をお求めの方


「陸の森」の会期も、残り少なくなってきました。
睦稔さんの笑顔に会える最後のチャンスです!

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »