2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 睦稔さんが繋げてくれるもの | トップページ | 国際サンゴ礁年のロゴ »

2008年6月19日 (木)

虹のパレット

00300010001 娘が小さい頃お世話になっていた造形教室 『虹のパレット』 のアトリエに、チラシを持って久し振りにお邪魔してきた。
2年前、『いのちの響き』 をテーマにして映画地球交響曲第5番の上映会が行われた時にも、駅前の大型スーパーで開催されている造形教室でチラシを配って頂いた事がある。
虹パレの先生 (子供達にせんべい!と呼ばれている) は、と~ってもユニークsign03

アジア、中東、アフリカなどに単身で渡り、現地の子供達と交流していて、アラブ文化協会の理事もされている。
向こうで子供達が描いた絵を見せてくれながら、子供達の置かれている現状についてお話してくれたり、夏休みには海洋教室を開いて、色々な所に子供達を連れて行き、エコツアーを体験させたり、その国や場所の人達と交流して、文化や歴史の勉強をするのだ。
アフリカの子供達の絵を見せて頂いた時は、タッチや色使い、テーマなど、同じ子供でもこんなに違うのだと、大人でもカルチャーショックを受けたものだ。

砂漠に惹かれると言って、異国の土や砂を集めて瓶につめ、沢山飾ってあったりもする。
「砂はねずみ色だ」という概念は、ここの子供達には通用しない。gemini

外国 (アフリカだったと思う) から帰国するとき。
空港に到着したら海があんまり綺麗で、思わず泳いでいたら時間がなくなり、「水着の上に服を着て、そのまんま日本に帰ってきた」 なんて事を笑って話す。
 ( いったい何時間、濡れたまんまで座っていたんだ! coldsweats01 )
サーファーと一緒に泳いでいたら、さらわれて若いお兄ちゃんに助けて貰ったとか、すご~くワイルド!wave

娘が行った海洋教室でもいろんなハプニングがあり、娘は目をキラキラさせて帰って来て、面白かった!と興奮しながら話していたっけ。
2年前に行った沖縄では、オニヒトデの天敵のホラ貝を見つけると、綺麗だと採られてしまわないように傷をつけて放したり、いつも腰にペットボトルをつけてオニヒトデの幼生を回収しているというお話を、子供達と一緒に聞いたそう。

元々お転婆で自由奔放な私達親子は、そんな先生が大好きだった。
娘は、デザイン関係の仕事をしているけれど、このアトリエでの日々が大きく影響しているのは確かだ。
子供達にエネルギーを貰っているのか、昔とちっとも変わらない先生に元気を頂いて帰ってきた。いつまでもお元気で、子供達にいろいろな事を教えてあげて欲しいナ。

F1000122_2その娘がお世話になっているライブハウス(写真)で行われた「アート&ミュージック」イベントでも、チラシを配って頂きました。

沢山時間があると思っていたけれど、あっという間に7月になってしまいそう。

追記
今日、熊野古道の牛馬童子が壊され、頭部が持ち去られたというニュースが飛び込んできました。
日本人の心は、どうしてこんなに荒んでしまったのでしょう?
悲しいです。

« 睦稔さんが繋げてくれるもの | トップページ | 国際サンゴ礁年のロゴ »

コメント

「この親にしてこの子あり」・・・何時も笑顔が素敵な事に感心しています。
しかもこの「行動力」、見習わなくては。。。

「・・・貴女の子供に生まれたっかた。」正直そう思っています。
エッ!・・・(^^♪

寅さん
私の子供に生まれたかった? アハハ、大変ですよ
お転婆(この言葉、古いかな)母さんですから coldsweats01
自由奔放なのは、しっかり娘達に受け継がれてま~す。(冷や汗sweat01
昨日は寅さんの笑顔にpanaさんと二人でホッとしてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 睦稔さんが繋げてくれるもの | トップページ | 国際サンゴ礁年のロゴ »