2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

« 名嘉睦稔版画展~命の森~トークライブ申込開始 | トップページ | 名嘉睦稔サイン会と、組曲「命の森」 »

2008年6月30日 (月)

「虹の星」by高砂淳二

0001_3 写真を通して地球環境の保全に取り組み、7年前、ハワイで夜の虹に出会って以来、虹を追いかけ続けてきたという自然写真家高砂淳二さんが、「虹の星」という写真集を出版した。
私が高砂さんの写真と初めて出会ったのは、「night rainbow-祝福の虹-」 という写真集だ。

月の光で出る虹…はかなげで、何か不思議な力を宿していそうな夜の虹。
ハワイでは、古くから 「見たひとにとって最高の祝福のしるし」 と言われてきたという。
一度お話を聞いてみたいと思っていたのだが、トーク&スライドショーがあるというので行ってみる事にした。題して 「癒される写真の撮り方」
海、動物、虹の三話に分けて、スライドを見ながらお話を聞くというものだ。

第一話 「海」
水中写真を撮り始めたのがきっかけで写真家になったという高砂さん。
魚眼レンズで、海の中から、鳥のように空を泳ぐ魚達を捉えた写真を見て、3歳位の子供が 「お母さんのお腹の中だ!」 と言ったそうだ。
不思議な浮遊感のある写真で、魚が太陽を横切るのをひたすら待ちながら、泡が写らないように息を止めて撮ったそう。
イルカやクジラを一緒に追いかけたというジャックマイヨールさんには、「イルカのように素直な気持のままに生きなさい」 と言われ、影響を受けたそうだ。

第二話 「動物」
動物に近づくには、テリトリーなど周囲の状況を良く把握し、長い時間をかけて、警戒心を解くのを待つのだという。彼らをリスペクトする気持が大事なのだそうだ。
アザラシに近づいた時の話は、まるで「だるまさんがころんだ」のようだった。coldsweats01
キツネを見つけた時は、あおむけに寝転び、歌ったり、話しかけたりしていたら、2~3メートルの近距離まで寄ってきてくれたそうだ。
ほんわかと、面白そうにお話してくれるのだが、気の遠くなるような時間をかけ、危険な作業を通しての生き物達の生き生きとした表情なのだと思った。
角度や光の当たり具合など、長い経験と勘で、一瞬を切り取る。。すごいと思った。

第三話 「虹」
サバンナの夕暮れ時、夕焼けで真っ赤に染まった空に掛かるピンクの虹。
ザトウクジラが潮吹きした一瞬に出来た小さな虹。
満天の星空とヤシの木の間にかかる夜の虹。
霧に反射して出来た白い虹…
虹には、様々な表情がある。
どこに出るか分からない虹を追いかけるというのは、大変な事だ。
「虹の星」の表紙の写真は、アメリカ中を走り回り、10日の日程の最終日に撮れたという。虹の出そうな条件を良く調べ、あきらめずに努力する事が大事とおっしゃる。
それでも自然が相手だ。奇跡的な事だったに違いない。

光があるからこそ物は見える。
世界は光に溢れているのに、光は透明で、目にする事は出来ない。
光が見えるのは、水があるから。だから水のある地球は、「虹の星」なのです…。
ああ~そうなのかsign03 私は、なんて美しい星に住んでいるのだろう happy02

「虹の星」の出版を記念して、新宿で写真展が開催されます。
7月5日には、「美しき地球の記憶」と題して、「ネイチャーサウンドアーティスト」ジョー奥田さんとのトークセッションも開かれます。
入場は無料です。詳細はコニカミノルタプラザまで。(この中のスライドショーで、ジョーさんの自然音と共に、上記の空を泳ぐ魚達も見る事が出来ます)

美しい「虹の星」を見に行きませんか?

高砂淳ニさんのブログは、とても面白いです。
とってもセクシーなサンゴの写真も見られますヨ wink

« 名嘉睦稔版画展~命の森~トークライブ申込開始 | トップページ | 名嘉睦稔サイン会と、組曲「命の森」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名嘉睦稔版画展~命の森~トークライブ申込開始 | トップページ | 名嘉睦稔サイン会と、組曲「命の森」 »