« 「優しい時間」開店! | トップページ | 熊野② 丸山千枚田と神倉神社 »

2008年5月24日 (土)

熊野① 道端の王子様と仲良き事は美しきかな

新緑の、和歌山県熊野に行ってきました。
一日目は、熊野古道の中辺路を歩き、熊野本宮大社近くの湯の峰温泉に泊まりました。
古道には、参詣途上で儀式を行う場所だった「王子」が沢山あります。
形は様々で、神社だったり、お地蔵様だったり、石碑だったり。

Dsc_03060001_2 51113_0180001

芳しい薫りのする杉や竹の林の山道を抜けて、里の道を歩いていると、農家のおじさんおばさんカップルがほっかむりして座ってます。

51113_0200001

「へえ~」「かわいい~」
「なになに。仲良きことは美しきカナ?」 ←顔を近づける eye

ぎゃ~~!!

な、なんと、この人形、突然動いて、カラスやフクロウが羽根をバタバタさせるのです。水田の水をひいて、水が貯まると動くようになってました。

あ~、びっくりしましたがな coldsweats01

道端には、無人販売所が所々にあって、梅干や、手作りの木彫りの人形や、杖やらが置いてありました。

古道の途中にある展望台からは、明治22年の洪水で流されてしまい、鳥居だけが残っている熊野本宮大社の「大斎原」(おおゆのはら)が見渡せます。

Dsc_03470001 51113_0140001

この鳥居には、日本サッカー協会のシンボルで、神様の使いとされている三本足の八咫烏(やたがらす)のマークがついています。
熊野川の中洲に建っている大斎原は、訪れる人もなく、凛とした空気に包まれていました。

鳥居をくぐろうとすると、ケンケーン!と大きな声。
大きな雄のキジが、じ~っとこちらを見ていて、帰るまで私達を見ていました。

« 「優しい時間」開店! | トップページ | 熊野② 丸山千枚田と神倉神社 »

コメント

おー。さすが修験道者のワールドですね。
山形には羽黒山というところもあるのですが、その影響か、こんな感じの場所が大好きです。

その大斎原ってところに行ってみたいっす。何もないし、誰もいないから、霊気を感じられるような気がしました。wink

ざぶんさん
羽黒山、大昔に行きました!
同じような所を歩いた記憶があります。山伏が出てきそうな所ですよね。
大斎原は、本当に人影がありません。でも、熊野では人気のない所が
とても良かったりします。思わず深呼吸をしてしまいましたconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「優しい時間」開店! | トップページ | 熊野② 丸山千枚田と神倉神社 »