2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ティンガーラ

  • 「MEDITATION」試聴機

2017年5月21日 (日)

キミジイさんの滝と、グラウンディング

先日、キミジイさんの森 に行ってきました。いつもお家の辺りをウロウロするだけで帰ってしまっていたので、今回は滝の方まで行ってみる事に。
キミジイさん、皆さんを滝まで案内したくてユンボ(小さいショベルカー)で、道作り中。

0005

やってみたい?というお誘いに好奇心ムクムク。『怖いからいいです〜』 なんて言ってたのだけど、やっぱり乗ってみる(笑)。
レバーを前に倒すと前進。真ん中でストップ。手前に倒すと後退という案外簡単な操作。『アクセルないでしょ。怖くないでしょ』 キミジイさん、お茶目に笑います happy01
それでも、平坦な場所ばかりではないので、くれぐれもお怪我のないようにと思います。
野原には、キミジイさんの植えた木が大きくなっていました。

0009

滝までの道沿いには、様々な野花が咲いてます。

0006_2 0018

0017_2 0024

右の花はヘビイチゴかな。赤い実もなってました。

0007

0020 0025

野原を抜けると、せせらぎの脇を歩きます。
ちゃんと、階段が作ってありました。

0014

紫の花びらが落ちているので見上げると、大きな天然の藤棚が。

0011

0008

途中、丸太で作ったベンチなんかも置いてあります。

0013 0021

これはもしかして、桑の実?熟すと美味しいですよね。
秋山先生の所で、ジャムを作った事を思い出します。あちこちに沢山ありました。

0019

今はスズメバチのメスが巣作りを始める時期だそうで、行く時にキミジイさんに、トラップを渡されて仕掛けてきてと頼まれました。中には赤ワインが入っていて、中に入ると出られない仕掛け。ワイン好きとは知らなかったcoldsweats01

Fullsizerender

ウグイスの鳴き声を聞きながら歩くこと10分程。キミジイさんの滝に到着。
小さな滝ですが、水音が気持ち良いです。
草刈りをしながらここまで来るのは大変だったと思います。発見した時は驚いたでしょうね。eye

00291

0030

途中、野原で裸足になって歩きまわりグラウンディングしてから、ウッドデッキで持ちよりランチ。デッキの周りでは、キジがあちこちで恋の雄たけびをあげてます。

0003

0027

ランチしながら、60代になってからの大手術であの世に行きかけたお話をお聞きしました。今も後遺症が残っているそうです。歳だからと自分にリミットをかけて、小さい事に思い悩んでいる自分が情けなくなってきました。キミジイさん、凄いですsign03
ご飯中にも、近所のお友達がやってきては草刈りしたり、道を作ったり、お手伝いしてくれています。これも、キミジイさんのお人柄ですね。

0016

帰宅後にキミジイさんから連絡があり、ワナに掛かったイノシシが、この檻の中で瓜坊を産んでしまったらしいpig
発見したお友達が連れて帰り、丁度お産したワンコがお乳をあげているそう。びっくり coldsweats01

xmas グラウンディング (アーシング) xmas

人間は電気的存在で精密機械と同じなので、過電流でコンピュータがダウンするように、地面と繋がって時々アーシングしないと体に悪いそうです。
考えてみたら、現代人はゴム底の靴を履いて、直接裸足で地面を歩くことなど殆どない絶縁状態。都会では土を探すのも難しい生活で、生まれてから一度も地面に素足で立った事のない子供もいるかも知れません。 グラウンディングは、抗酸化作用、鎮痛作用がある事が科学的にも証明されているとか。『地に足がつく』 というのは、とても大事な事なんですね。
地球から切り離され、自然との繋がりを意識しなくなってから、人間は自然の一部である事を忘れてしまったのかも知れません。

2017年4月30日 (日)

うりずんの沖縄と、君津のカフェ『森の停留所』

久し振りに沖縄に行ってきました。
5年前に美炎さんがコンサート をしたAKARA 。版画家の名嘉睦稔さんがデザインしたユニークな建物ですが、外側の木が大きくなっていてびっくり!

5年前
12324_3910001

現在
0022

建物内にあるボクネン美術館では『風の聲(こえ)』展をやっていて、『地球交響曲』や、4年前に美炎さんと久米島に行った時に見た『五枝の松』(1本の木) をモデルにした、まるで生きた龍のような 『巌臥蒼龍(がんがそうりゅう)』 という作品も展示されていました。

Img_1507

五枝の松
130708_0710001

横幅が5m近くもあるこれらの大作は、ここへ来ないと見られないので会えて嬉しかったです。happy01

0021

泊まったのは、北部やんばるの森の近くにあるプライベートリゾートオクマ。
ブーゲンビリアやハイビスカスが咲く広大な敷地にコテージタイプのお部屋が点在する気持ちの良いホテルです。一日中イソヒヨドリが美しい声で鳴いていて、鳥達が目の前を飛び交いますnotes

0004

うりずんの沖縄。天気が悪いと肌寒いのに、晴天になると一気に温度が上がりますsun
でも夏と違って砂浜を素足で歩けるので、気持ちが良くて砂の感触を楽しんでいました。初めはパラソルの下にいたのですが、最後は海にドボン。大きな魚と一緒に泳いでました。見回すと泳いでいるのは子供だけ(笑)
やんばるの森もハイキングしました。

0027

連休初日の29日は、キミジイさんのお友達の金子さんが経営している音楽ホールのある『森の停留所』という君津のカフェで美炎さんのコンサート。
8日の『花の舞フェスタ』に来ていたお客さんも沢山足を運んでくれてました。湘南や品川ナンバーなど、遠くから車や高速バスで来て下さった方も。lovely

0002

キミジイさん 、金子さんに前売りチケットを沢山頼まれたのに、チケット足りなくなっちゃったから返してと言われたそうです。嬉しいですね(笑)
お二人の集客力には、頭が下がります happy01

0012

この日は、5月7日に発売される美炎さんの2枚のCD (視聴、購入できます) の収録曲、初披露のコンサートになりました。
グラスランドには、棚田コンサートのテーマ曲 『棚田のうた』 も収録されてます。

0024_2

『森のなまえ』は、鳥の鳴き声とせせらぎの音に包まれた森の中を、そよ風と共に妖精になった自分が飛んでいるような気持ちの良い曲。
自然が大好きというおばちゃん、この曲大好きnote と呟いてましたhappy01

0013

前田さん、色々な楽器を使います。

0025

『dance in Arizona』は、ビートの効いたロック調の曲。銀河やアリゾナの砂漠に行ったり、森の中を浮遊したり、孤独な北極おおかみの気持ちになったり…。美炎さん、曲毎に違う世界にいざなってくれます。
モンゴルの馬頭琴というイメージを超越した美炎ワールド。草原を駈ける馬から始まった世界が、どんどん拡がっていくのが楽しみですshine

0014

キミジイさんと、金子さん

0016

前にご一緒した、山川建夫さんも来て下さいました。

7月に 『THE GREAT JOURNEY』 コンサートが、渋谷であります。
新曲を聴きたい方は、是非お越しください。前売り4,000円。当日4,500円。

18157618_977802302356546_2309210744

«久留里千年の森 キミジイさん花の舞フェスタ